関東のHiltonホテル徹底比較、あなたに合ったホテルは?【おまけ:北谷リゾート】

関東のHiltonホテル徹底比較、あなたに合ったホテルは?【おまけ:北谷リゾート】

【 この記事の対象者 】
・関東圏内のHiltonホテルの特徴を知りたい
・自分に合ったホテルを探したい
・ランキングではなく、公正な判断を見たい

【この記事の信憑性】
・関東Hiltonホテルを制覇した著者が解説
・ダイヤモンドメンバーなのでラウンジも比較可能
・子連れのホテル仲間の意見も取り入れました

※ランキングではなく、公平性を記すために特徴を纏めました。

※あくまで1意見です。





ヒルトン東京

ヒルトン東京

値段(有償):全日高め
値段(無償):お得度ほとんどなし
アップグレード率:渋い(低い)

部屋設備(普通) : ユニットバス、普通の広さ
部屋設備(スイート):4種類。悪くはない
※プレミアルーム以上で風呂トイレ別洗い場付

クラブラウンジ(広さ): 広め、分割式(2部屋)
クラブラウンジ(種類): そこそこ豊富
クラブラウンジ(質) : 普通〜少し高い

朝食(レストラン):高レベル
朝食(ルームサービス) :そこそこ

施設(特記事項):レストランが多い
家族づれ:◯
カップル:◯

 新宿からそれなりに歩く場所

 ハイアットリージェンシー東京の隣にあります。また、都庁の近くともいう。

 部屋の設備は普通ですが、プレミア以上はそれなりに良くなります。

 眺めは全室新宿ビュー。

 朝ごはんはヒルトン系列の中ではそこそこ美味しい部類で、ルームサービスも、まあ普通のヒルトンって感じのアメリカンスタイル。

 2019年にエグゼクティブラウンジを改装しましたが、微妙に使いにくくなったという謎のリニューアル。

 接客はヒルトンらしいビジネスライクな接客で、アップグレードは正直渋いですね。

 閑散期なら大丈夫でしょうけど・・・ここだと平日でもそこそこ混んでるからね。いつなんだろう?






ヒルトン東京ベイ

値段(有償):変動制。平日はかなり安い
値段(無償):年により大晦日が最高還元
アップグレード率:閑散期は良い、繁忙期悪い

部屋設備(普通) : ユニットバス、普通の広さ
部屋設備(特殊) : 内装が面白い!!
部屋設備(スイート):1種類。私はあまり好きじゃない
※セレブリオセレクトなら風呂トイレ別、洗い場付。

クラブラウンジ(広さ): 普通の広さ(1F)
クラブラウンジ(種類): それなりに豊富
クラブラウンジ(質) : 普通

朝食(レストラン):普通
朝食(ルームサービス) :なし。テイクアウトはあり。

施設(特記事項):大晦日はディズニーニューイヤーズ・イブパスポート購入権利付
家族づれ:◎
カップル:◎

 都の東北、ディズニーリゾートラインの上にあります。
(早稲田大学校歌感)

 ヒルトンユーザーでディズニーランド行くならここでしょ、ってぐらいの定番ホテル。

 部屋の設備、朝食、ラウンジは並程度ですが、その全てを上回る立地の良さを誇ります。

 ここってルームサービスはなくて、ホテル内にあるテイクアウトデリのお店が配達してくれるっていう他にはないスタイルです。

 だから、全体的に価格は安い。

 小さいお子さん連れのご家族には、ハッピーマジックルームという特殊な内装の部屋でお出迎え。

 食べ盛りのお子さん連れのご家族にも優しい安心のホテルですね。


 このホテル最大の特徴は、倍率9倍以上とも言われるニューイヤーズイブパスポートを大晦日に泊まると購入できるってところです。

ニューイヤーズ・イブ

 某ネズミの国が怖いので一部隠しましたが、こんなプラカードをぶら下げて、ホテルの廊下で売ってます。

 この画像、関係者様に突かれたら速攻消します。

 買う時はもちろんルームキー、部屋番号、名前など必須ですよ。

 2020年は中止なので大晦日も利率割れしてますが、毎年一泊15万を超える超還元ホテルですよ。

 無料宿泊でポイント使うにはいいホテルですね。





ヒルトン東京お台場

ヒルトンお台場

値段(有償):変動制。土日は高い
値段(無償):あまり良くない
アップグレード率:関東最ケチ(暫定)

部屋設備(最下級) : ユニットバス、普通の広さ、バルコニー付
部屋設備(上以外) : 風呂トイレ別、バルコニー付
部屋設備(スイート): 特殊なスイート多し。結構すごい。
※デラックス以上なら風呂トイレ別、洗い場付。

クラブラウンジ(広さ): 普通の広さ(3F)
クラブラウンジ(種類): それなりに豊富
クラブラウンジ(質) : 普通

朝食(レストラン): 普通
朝食(ルームサービス) : 普通

施設(特記事項):ダイヤモンド会員以上でスパ(水着大浴場)無料
家族づれ:◎
カップル:◎

 ご近所が台場駅、グランドニッコー台場、アクアシティお台場、フジテレビという超一等地。

 ダイヤモンド会員でもとにかくアップグレードされない関東で最もケチなヒルトンホテル(暫定)、ヒルトンお台場さんです。

 ダイヤモンド会員になってから初めて行った時、一番安い部屋でデラックスルームにアサインされてすごくびっくりした。

 エグゼクティブルームどこ〜? って感じの心境です。

 なお、今では「まあ、お台場だし1段階でもアップグレードできたら勝ち」ってぐらいの感覚。


 部屋の機能自体は、デラックスルーム以上で風呂トイレ別。

 全室バルコニー付とかなりいい感じ。

 スイートに関してもテラススイートクラス以上になると、凄まじく満足度が高い滞在を楽しめます。

 ハードのクオリティは高く、接客はヒルトンらしい超ビジネスライク。

 食事はそれなりに美味しく、レストランも近くにたくさんある。

 バランスがすごくいいホテルですね。





ヒルトン成田

値段(有償):変動制だが高くはない
値段(無償):年末年始は良い
アップグレード率:普通

部屋設備(普通)  : ユニットバス、普通の広さ
部屋設備(スイート): 値段相応

クラブラウンジ : なし

朝食(レストラン): 普通
朝食(ルームサービス) : 普通

施設(特記事項): 豪華なビジネスホテル
家族づれ:◯
カップル:△

 成田空港最寄りにあるヒルトンホテル。

 ここは完全に成田空港用のホテルであり、ビジネス利用がメインです。

 そのため、内装も「豪華なビジネスホテル」って感じですね。

 家族づれならそこそこいいですが、カップルは成田空港を使わない限りオススメはできません。

 成田空港に行かなくても、レストランも多いので、家族づれで連泊するにはちょうどいいかもしれませんね。





ヒルトン小田原リゾート&スパ

ヒルトン小田原

値段(有償):変動制。土日は高い
値段(無償):年末年始は良い
アップグレード率:閑散期は最高、繁忙期最低

部屋設備(普通)  : ユニットバス、普通の広さ、バルコニー付
部屋設備(和洋室) : 風呂トイレ別、広い、バルコニー付
部屋設備(スイート): 和洋室スイートがある。

クラブラウンジ(広さ): 普通の広さ(2F)
クラブラウンジ(種類): 少なめ
クラブラウンジ(質) : 普通
※特殊なラウンジ

朝食(レストラン): 普通
朝食(ルームサービス) : 普通(激安)

施設(特記事項):温泉大浴場あり
家族づれ:◎
カップル:◎

 ヒルトン小田原と言いながら最寄り駅は根府川です。

 アクセスの方法は色々ありますが、根府川駅からのシャトルバスが一番間違い無いですよ。

 なお、根府川駅は駅員がいないので、小田原駅で一度清算・買出しして、切符で根府川に行くのがオススメです。

 根府川駅前は自販機しかないですよ。


 温泉大浴場付という国内でも珍しいヒルトンホテルです。

 他にもプールやテニスコート、ボーリング場など、遊び場に事欠かないのでお子さん連れの方には一番おすすめですね。

 隣接しているザ・ベイフォレスト小田原もありますが、こちらは一週間とか滞在する人のための施設ですね。

 温泉に入り、遊び、観光する・・・バランスがいいリゾートホテルです。

 部屋の設備に関しては、和洋室クラスから部屋の広さ、風呂設備ともに充実してきます。


 また、このホテルの凄いところは一人1000円とちょっとで食べれるルームサービスの朝食です。

 日にちにもよりますが、ヒルトンゴールド会員特典は追加料金払えばランチに振替可能なので、安価に朝食と昼食を満喫できます。

 しかも、HPCJのレストラン割引は双方に刺さるというおまけ付。


 オーシャンラウンジはダイヤモンド会員以上で無料で使用できます。

 ここは他のホテルのラウンジと違ってルームサービスをオーダーできます。

 つまり、バータイムのお酒・オードブル+ルームサービスと、もはやそれ夕飯! って感じの贅沢も可能です。

 欠点として、ここって普通のラウンジと違ってチェックイン、チェックアウトできず、係員もいません。

 食事と飲み物だけ置いてあって、完全なセルフサービスですよ。






コンラッド東京

コンラッド

値段(有償):変動はないが、常に最高級
値段(無償):年末年始は良い
アップグレード率:意外に良い

部屋設備(普通)  : 広い、特殊バスタブ
部屋設備(スイート): 広い、洗い場付バスルーム、機能的な部屋 
部屋設備(最上位) : やばい(語彙消滅)
※全室眺め最高

クラブラウンジ(広さ): 広い(分割式)
クラブラウンジ(種類): 普通
クラブラウンジ(質) : かなり美味しい

朝食(レストラン): 美味しい
朝食(ルームサービス) : 美味しい

施設(特記事項): コンラッドベア、貰えます!
家族づれ:◯
カップル:◎

 東京に9つしかないミシュラン5レッドパビリオン(5つ星)の一つ。

 文句なしの高級ホテル、コンラッド東京さんです。泊まると幸せすぎて脳汁出ます。

 ロビー、眺め、部屋の設備、接客、料理と余すことなく最高レベルのおもてなしを堪能できます。

 部屋の設備はスイート以上になるとお風呂に洗い場とテレビがつくので、ダイヤモンド会員の人は必見です。


 その中でまず特筆すべきは、「意外にアップグレードには寛容」ということです。

 最高級ホテルなので「アップグレード渋いのでは?」と思いがちですが、コンラッドさんはその辺のおもてなしはすごいですよ。

 例えば、私が以前正月に泊まった時、普通に1段階アップグレードを最初にしてくれました。

 更に、そこで私が「追加料金払ってもいいからラウンジ使いたい!」と要望。

 この提案は正月だと色々なホテルで断られますが、コンラッドさんは「ラウンジでも、スイートでも空きがあれば提案に答えてくれます」よ。

 しかも、しっかりと「16時からの部屋の利用ならいいよ。ラウンジで待っててね」って感じのできる担当者様の提案でした。

 この場合、追加料金は「アップグレード後の部屋からの差額に更に割引」としてくれて、とても満足したのを覚えてます。



ティータイム

 クラブラウンジの質も、とてつもなく高いですよ。

 特に朝食とバータイムはシェフの方がよくいらっしゃって、色々取り分けたりオススメしてくれます。

「ローストビーフ上がりました!」とか言われたらついついそちらに行ってしまいますね。

 何を食べても美味しいし、飲み物もそれなりに美味しい。

 2時にチェックアウトするときものんびりさせてくれるので、かなりオススメです。


 後、これはコンラッドに年4回ほど泊まる知人の意見ですが、常連を大事にするホテルだそうです。

 何度も泊まるとおもてなしの質が上がってより快適になるそうですね。

 流石は5つ星ホテル、すごい・・・






おまけ・ヒルトン沖縄北谷リゾート

北谷

値段(有償):変動は激しく、ピーク時はすごく高い
値段(無償):夏、年末年始は普通
アップグレード率:閑散期最強、繁忙期最低

部屋設備(普通)  : 風呂トイレ別、バルコニー付きもあり
部屋設備(エグゼ) : 風呂トイレ別、バルコニー付き 
部屋設備(最上位) : 普通のスイート
※海側の眺め最高

クラブラウンジ(広さ): そこそこ広い
クラブラウンジ(種類): それなり
クラブラウンジ(質) : 美味しい

朝食(レストラン): 普通
朝食(ルームサービス) : 普通

施設(特記事項): 海がすぐそこ!!
家族づれ:◎
カップル:◎

 おまけ程度ですが、以前泊まった北谷リゾートはこんな感じでした。

 繁忙期は結構ケチらしいですが、私が閑散期(2月)に行くと、

「お前上級会員だろ! 贅沢してけ! 贅沢してけ!」

 ってくらいの勢いで最下級からエグゼクティブまで驚異の5(6)段階アップグレードしました。

 ここってアメリカンビレッジが間近にあることもあり、リゾート地でありながら間近にレストランもたくさんある立地です。

 沖縄観光の拠点をここにすると、食べ物には事欠かないですよ。

 今度沖縄行くなら、私はインターコンチよりこっちに二泊します。超便利。





最後に

 ヒルトングループは、都市部のホテルだとビジネスライク、リゾートで柔らかい印象の接客をするグループです。

 更に、コンラッドになると最高級レベルの接客に変わり、最高のおもてなしを堪能できます。

 私自身ヒルトンダイヤですが、「コンラッドで最安値の部屋を予約しても、ラウンジ使えて運が良ければスイートルームになる」ってだけで価値があると思ってます。

 また、ヒルトン小田原のオーシャンラウンジのようにルームサービスが頼めるスタイルもあるので、自由度は高いですね。

 では、他の記事でもお会いできたら嬉しいです。