【宿泊記】ホテルインディゴ箱根強羅 半露天風呂付リバーサイドツイン 朝ご飯とルームサービスまで

春のインディゴ IHG
【この記事の対象者】
・ホテルインディゴ箱根強羅への宿泊を検討している
・リバーサイドかヒルサイドか選択する材料が欲しい
・朝ごはんやルームサービスの情報が欲しい

※ヒルサイドの関係の記事は、こちらこちらです。





GWは地元でのんびりしてきました

入り口

 GWは元々、ホテルインディゴ箱根強羅を予約しておりました。

 こちらはかなり前から予約してましたが、家から車で30分以内とガチ地元であるため、特に予定を変えずにホテルに向かいます。

 車で走ること30分・・・以上。

 やけにノロノロ走っていた初心者マークの車・・・おそらく、昔の私でしょうか。

 その車と一緒にノロノロと箱根の山を登り、ホテルに着きました。

 ホテルの周りは新緑が生い茂り、冬に来た時とは雰囲気が大きく違いました。

 もうすっかりと春ですね。肌寒かった箱根の空気も過ごしやすいものへと変わりました。

 今回はたまたまリバーサイドのオファーをもらったので、せっかくだしとアップグレードしてみました。








リバーサイドツインルーム レビュー

リバーサイド1

リバーサイド2

 リバーサイドはヒルサイドと違って長細い形をしています。

 こちらはテレビの前にソファーがなく、微妙にソファーが使いづらいですね。

 その代わり、ベッドからはテレビが見やすくて結構楽でした。





冷蔵庫

 冷蔵庫のデザインも微妙に違うますね。

 こちらの冷蔵庫の方が微妙におしゃれです。






ウェットエリア

 ウェットエリアはこんな感じです。

 こちらはバスタブと洗い場が別で、少しだけ使いづらく感じますね・・・





カーテン

 その代わり、こちらの部屋はカーテンが閉まって機能性に優れています。

 ヒルサイドは遮光性があまり無いので、この差は結構でかいですね。

 暗い部屋じゃ無いと寝れない人は、リバーサイドの方が寝やすいと思います。






シャワーブース

 洗い場は、バスタブと一体化しているヒルサイドの方が使いやすいです。

 こちらでは「バスタブに座れる」という基本動作ができない分、私には少し使いづらい感じです。






バスタブ

 この部屋のハイライト、半露天風呂です。

 この作り、場所が良ければ断然こちら側だと思うんですけど・・・






御殿場へと続く道ビュー

 このホテル、川の向かいが宮ノ下→仙石原(御殿場)の道に面しています。

 そのため、眺めは「バスターミナル」「セブンイレブン」「なんかの会社」と小山ビューです。

 これも山奥とかなら良かったんでしょうが、この場所だと暖簾を下げないとお風呂入れないんですよね・・・





暖簾

 こうして暖簾を下げればいいですが、半露天である利点がない・・・

 こればかりはがっかりポイントですね。

 もちろん、暖簾をあげて風呂に入れる勇者様は普通にご活用いただけます。







ヒルサイドルームとリバーサイドルームの比較

ヒルサイド

 うちの彼女が「これで朝風呂は流石に恥ずい!」というので、二日目はホテルに無理を言ってダウングレードしてもらいました。

 我儘を聞いてもらった時は、こちらも報いねば無作法というものです。

 富士屋ホテルで朝ごはんを食べる予定でしたが、変更してホテル内で朝食を食べたりとかお金を落とす頻度を増やしました。

 丁度今回はたまたま両方の部屋に泊まったので、二つの部屋を比較してみましょう。






リバーサイドルームの長所と短所

【長所】
・半露天風呂なので、眺めが良ければかなり良い。
・バスタブとシャワーが別なので、このスタイルが好きな人には良い。
・テレビとベッドの距離が近いので見やすい。
・デザインが少しおしゃれで機能的

【短所】
・眺めが良くなかったり民家があると半露天風呂が活かせない
・ソファーが比較駅使いづらい

 この部屋の最大のポイントは、「半露天風呂が活かせるかどうか」です。

 こればかりは運が絡む部分が多く、部屋次第でセブンイレブンだったりバスターミナルだったり信用金庫だったりが前にあるので、気になる人は気になると思われます。

 次に気になる点はソファーですね。

 ルームサービスを頼んでご飯を食べながらテレビを見る場合、比較的使いづらいです。

 一方、こちらはバスタブとシャワーブースが完全に分離してるので、このスタイルが好きな人には向いています。






ヒルサイドルームの長所と短所

【長所】
・室内風呂なので空調が活き、夏も冬も快適
・畳付の部屋もあり、快適に過ごせる。
・ソファーとテレビが近く、使いやすい。
・風呂と洗い場が一体なので、このスタイルが好きな人には良い

【短所】
・眺めは正直良くない。前の山ビューになります。
・遮光性が低いので、暗く無いと寝れない人には少しきつい。
・ブラインド上げると他のお客さんと目が合うことも

 ヒルサイドはどこの部屋でも「前の駐車場と前の山ビュー」なので景色に差はありません。

 その一方、部屋の設備として畳がある部屋もあるため、非常に使いやすい場合もあります。

 このホテルで畳があるのはヒルサイドの一部とスイートルームだけです。

 一方、こちらは遮光性が低いため、暗い部屋で無いと寝れない人はリバーサイドをお勧めします。







今回頼んだルームサービスなど

ポークリブ

 ポークリブです。ライスなどは別途付けます。

 肉が少しパサパサしてるけど、肉感があっておいしかったです。

 あと、ここのフライドポテトは共通で美味しいんですよね。






朝ご飯

 朝ご飯、レストランが混んでそうなのでルームサービスを頼んでみました。

 基本的な構成はレストランと同じですが、やはり盛り付けがお弁当なので少し安そうに見えますね・・・

 なお、ご飯自体は相変わらず美味しいですが、少し高かったですね。






オレンジサイダー

 冷蔵庫に入っているのが、ちゃっかりと「みかんサイダー」になってました。

 前回の「梅サイダー」よりも飲みやすいし、こっちの方が売れるだろうなぁと思います。

 ただ、風呂上がりにはやっぱり梅サイダーのさっぱり感の方が好みでしたね。








最後に

春のインディゴ

 翌日は満室でしたが、いつも通りに14時のレイトチェックアウトしました。

 14時には既にチェックイン待ちの人が数人待機しておりましたが、外人さんが多かったですね。

 ここのホテルは2食付プランで予約している人が多いのか、レストランのディナータイムは人が多かったです。

 一方、ランチはみんな帰るためか利用客がそんなに多くなかったので使いやすいですね。

 では、また別の記事でもお会いできたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました