ホテルインディゴ箱根強羅 前回との違いとレストランレビュー

  • 2021.01.04
  • IHG
ホテルインディゴ箱根強羅 前回との違いとレストランレビュー

【 この記事の対象者 】
・ホテルインディゴ箱根強羅に泊まったことがないが興味がある
・去年の開業日(2月)前後に泊まったが、それ以降は泊まっていない
・レストランのレビューや写真を見たい



前談・ホテルインディゴ箱根強羅に行ってきました

お正月のホテルインディゴ箱根

 コロナの感染拡大が深刻化しているためリッツ日光への旅行を中止し、今年の年末はガチ地元の箱根とみなとみらいに行ってきました。

 このホテルインディゴ箱根強羅は夏休みに2泊し、今回で2回目の滞在となります。

 そんな中、前回の滞在と違ったことや、前回の滞在では利用しなかったレストランのディナー利用などをしてきたので、記事にしました。

 泊まった棟が違うので最初からそうだった可能性もありますが・・・もしそうなら、断然今回泊まったスパ棟がおすすめです!

 では、まずは前回の滞在との違いから見ていきましょう。





部屋の変更点

 前回、今回ともにヒルサイドツインルームを選択しています。

 この部屋は露天風呂と違い、浴槽(浴室)にも冷房・暖房が機能します。

 一方、部屋の位置は前回が本棟(フロント前のエレベーター)、今回はスパ棟(スパ横のエレベーター)でした。

 全室今回の感じで改装しているなら、眺めの良い本棟の高層階がおすすめですが、もし各棟で違う場合は注意が必要です。


設備が違う場合の特徴

本棟利点:眺めが駐車場、森林ビューでマシ
欠点:防音性が低めで、畳がない
スパ棟利点:防音性が高くて畳があり、部屋設備が良い
欠点:会社が目の前にあり、眺めが悪い


 以上のようになります。

 では、実際にどういう変更点があったかを見ていきましょう。





変更点1.畳のスペースができてる

畳のスペース

前回の滞在

 少し見にくいですが、上が今回の滞在でしたが前回の滞在です。

 前回の滞在では普通のベッドでしたが、今回の滞在では簡易的な畳スペースができて、その上にマットレスが引いてあります。

 畳があるだけで、素足で歩けたり荷物が気軽に置けるスペースができるので安心感が違います。

 また、ベッドも前回は足を伸ばすとベッドが小さくて少しきつい感じがありましたが、今回は結構快適に寝れましたね・・・

 原因はよくわかりませんが、ベッドも何か違いがあるのかもしれません。





変更点2.部屋が防音性が上がった

 これは単純に部屋の構造の問題ですが、下の写真をご覧ください。

前回滞在した部屋

 前回滞在した部屋ですが、テレビの横に扉があります。

 これって要は、もし私と両親で2部屋予約したらここを開けて行き来できる、とかそういう仕組みだと思いますが・・・前回、隣って全く関係ない人なんですよね。

 その結果、隣の部屋の声が凄くよく聞こえました

 あちらもそうだったらしく、最初は他の部屋に予約した人とはしゃいでましたが、すぐに退散したみたいです。

 一方、今回はこう言った扉はなく、廊下の声が漏れるだけで比較的快適に過ごせました。

 ・・・これ、チェックインする前に予約係の人にリクエストしといた方が良さそうですね。

 ゆっくりしてる時に隣で騒がれると滅茶苦茶萎えますよ。





変更点3.ルームサービス、レストランメニューが少し変わった

 デザートにあった桃のケーキがなくなったり、スパゲッティプッタネスカがルームサービスのみになったり、ハンバーグソースが選べなくなったりと細かい変更点がありました。

 また、ランチで足形牛のロッシーニが追加されたりしています。




ルームサービス(新)

 一方、ルームサービスは簡易的な弁当箱のみでしたが、今回はとりわけ皿もついていました。

 持ってきてくださる方が大変でしょうが、このお皿があるだけで印象が大きく変わりますね。

 また、前回も食べたカルボナーラや牛脇腹のステーキ、ハンバーグなどは相変わらず美味しかったです。






レストラン利用のレビュー

 今回は前回と変わり、ランチ以外のレストラン利用もしてきました。

 特に注目すべき点は、開業してからしばらくは売り切れで注文できなかった熟成肉が注文できるようになった点です。

 一方、朝食は正月で特別仕様になっておりましたので、ご参考までにお考えください。


ディナー利用(熟成肉)

メニュー

 ディナーメニューに大きな変わりはないかと思われます。

 今回、私たちが薪のグリルの目玉の一つ、「30日間熟成 相州和牛のステーキ」を注文しました。

 私はリブアイのミディアムレア、彼女は赤身肉が苦手なので、サーロインのウェルダンです。

 このメニューはランチと違い、パンかライスか選択できました。




リブアイ

 リブアイステーキです。茄子はサービスで、付け合わせに有料でフォアグラをつけてもらいました。


サーロイン

 サーロインはウェルダンだったのか、最初から細かく切り分けてありました。

 こちらもフォアグラをつけてもらっています。



ステーキソース

 ステーキソースは3種類から選べました。

 なお、私は塩で食べたので特に使いませんでしたが、どれも美味しかったそうです。

 ボリュームは150gなので私には少し少なかったですが、美味しかったので満足です。

 あと、ここはメイン料理を頼むとパンがおかわり自由でついてきますので、なんだかんだお得感がありますね。

 私は貧乏舌なので、味に関するコメントは避けさせていただきます。






朝食(正月特別仕様)

朝食メニュー

 朝食メニューは、正月のせいか2000円高くなってました。

 ここはメイン料理を選んでセミビュッフェがついてくるという、最近のクラブラウンジでよく見る形式です。



リバーサイドセット

 朝食のリバーサイドセットです。

 卵も温野菜も丁寧な作りで美味しかったです。




パン

 パンのコーナーです。クロワッサンがかなり好みの味でした。



おせち

 正月のおせち特設コーナーです。

 味付けがちょうどよく、美味しかったです。



サラダコーナー

 サラダコーナー。ドレッシングや付け合わせが豊富ですが・・・

 コーンが欲しかったです。(切実)




和食

 和食コーナーはご飯と味噌汁、お漬物です。

 洋食を頼んでも、最低限の和食は食べられますよ。

 後、人がいて撮れませんでしたがコーンフレークやジュースがあるコーナーとかがありましたよ。




お神酒

 お正月のため、お神酒のサービスもありました。

 当日は14時にチェックアウトだったため、一口だけいただきました。

 お正月料金なので少し高く感じましたが、このスタイルのセミブッフェで3500円くらいならそれなりに満足ですね。

 ただ、正月サービスの特別さはプライスレスなので、貴重な体験ができて嬉しかったですよ。

 次はエッグベネディクトセットを頼んでみたいです。





おまけ・強羅行きのバスに乗ってみた

インディゴのバス

 ホテル⇄強羅駅間は無料のシャトルバスが運行されています。

 なお、徒歩の場合は・・・



強羅近道

強羅近道の途中

 ホテルからこの険しい道を通るか、険しい車道を登り続けるかのどちらかです。

 夜に通ったり、スーツケースを持っての移動は推奨できませんよ。

 登りも降りも結構険しいので、注意してください。






最後に

 ホテルインディゴ箱根強羅は今回の滞在でかなり快適さを感じました。

 後、今回は飲みませんでしたけど冷蔵庫の梅サイダーは湯上がりに飲むと最高ですよ。

 今度は機会があれば、露天の側も泊まってみたいホテルですね。

 では、次の記事でもお会いできたら嬉しいです。