ホテルで混雑を避ける4つの方法

ホテルの混雑 ホテル全般

【 この記事の対象者 】
・最近よくホテルが混むと聞いて不安
・混雑回避にどういう方法があるか知りたい
・どういうホテルがオススメか知りたい




昨今のホテルの混雑具合に関して

緊急事態宣言

「最近、チェックインの時によく混んでるね」

 うちの彼女も時々こんなことを言いますが、実際に彼女がいう通りの状況です。

 東京都民もGo to トラベルを使えるようになり、地域共通クーポンが使えるようになって以降、ホテルの混雑具合は深刻化を続けてます。

 その最大の要因は、何と言ってもチェックインです。

 例えば、

・チェックインで一時間も待った。
・クラブラウンジにいるのに一向にチェックインできない
・フロントが混みすぎててわけわからなくなってる

 なんて声を、最近の土日ではよく聞きます

 私は今年ホテルに行かなかったのは緊急事態宣言中のみ

 しかも、4月の宣言が降りるギリギリのタイミングと5月末の解除直後に普通にホテルに泊まっているど阿呆です。

 それ以外の月はもちろん、毎月懲りずにどこかしらのホテルに泊まってきています。

 緊急事態宣言前後は「みなとみらいも寂しくなったな・・・」なんてセンチな気分でした。

 しかし、Go to トラベルが始まると徐々に賑わいを取り戻し

 東京が参戦したいま、毎週のように「なにこれ?(困惑)」って状況です。

 泊まらなくても普通にお茶したり食事しに行きますけど、普通にフロントが長蛇の列ですよ。

 主な原因は、「Go to トラベルの説明が長くなる」「加えて地域共通クーポンの発行が手間」といった点だと思われます。

 まあ、純粋に泊まっている人が多いってのもあります。

 ですので、当然のように朝食会場も凄く混みます。

 10月中旬の金曜日、ホテルに泊まった時に私が朝ごはんを買って部屋に帰る途中、朝食会場になぜか行列ができてました。

 あんなの、3連休でも中々見ないですよ・・・本気で驚きましたわ。

 このコロナ禍で混雑は我々の天敵とも言えます。

 ですので、この記事では私がよく使う「混雑回避術」をツラツラと書かせていただいてます。

 もし、「これやってみよう!」と思ったら是非参考にしてくださいね。

 では、本編に参りましょう。





混雑回避法1・先にチェックイン手続きする

 私が3連休とか年末年始によく使う、事前チェックインです。

 これを聞くとホテル慣れしていない人は、


「え? チェックイン時間決まってるし、そんなのできないでしょ」

 とお思いになるでしょう。

 確かに、15時とか決まった時間以前にチェックインして部屋に入ることは不可能でしょう。

 ですので、私はよく以下のような手順で「チェックインだけ」を先に済ませます。

  1. フロントに行き、宿泊予約している旨と名前を伝える
    部屋に入れないことは知っているとしっかり言いましょう。
    手続きだけ先にしたいと告げます。
  2. もし可能だったら、書類を書き、先に説明を受けます。
    鍵は決まった時間に受け取りに来ることを伝えます。
    事前に準備しておいてもらうよう伝え、整理券みたいなのをもらいます。
    (この時にクーポンも後にしておくと楽です)
  3. レストランに行ったり観光して時間を潰します
  4. チェックイン時間になったらフロント付近のスタッフに、
    「チェックイン手続きが終わっていてルームキーだけ欲しい」と伝えます。
  5. 鍵を受け取り、部屋に向かいます

 こんな感じで、「鍵は受け取らずに手続きだけ済ませる」と非常にスムーズです。

 オススメの時間帯としては・・・チェックアウトが終わった後。ホテルにもよりますが、12時〜1時半くらいがオススメです。

 もちろん、部屋に入れるのはチェックイン時間後ですので、それまではレストランでご飯食べたりどこか観光しましょうね。

 私の場合、何度も使ったことがあるホテルでこういうことをするので、レストランでご飯を食べてレストランスタッフから受け取ったりしますが・・・初めて利用するホテルでオススメしません。

 私が実際に会話するとしたら、以下みたいな感じです。



私「予約した「あらじふ」です。部屋に入れないのは知ってますが、チェックインの手続きと荷物を預け(1)に来ました」

→ ここで「15時にならないとダメよ」と言われたら諦めます。
→ 可能なら、手続きを行います。
  書類書いたり、クレカ控えたり、お金払ったり。

私「鍵は15時に取りに来ますので用意しておいてください。地域共通クーポンは19時くらいに空いてたら取りに来ます(2)。もし可能なら部屋に届けてください。部屋への案内は不要(3)です」

→ ここまで手続きしたら、時間を潰します。
  チェックイン時間のルールは守りましょう。
→ 時間になったらフロントに戻ります。列を整備してる人とかに話しかけましょう。

私「今日予約している「あらじふ」です。チェックインは終わっているので鍵だけ受け取りに来ました」

→ ここで並べと言われたら(´・ω・`) な顔のまま並びます。



 まず、「こんな時間だけどチェックインだけしに来たよ!」というと無理言っているようで、言う方も少し抵抗があります。

 しかし、「荷物預けるついでに、もし可能ならチェックインだけでもさせて!」というと、少し柔らかくなる。不思議ですね。

 だから、私は必ず「荷物を預ける」と「事前チェックイン」は一つのペアにしてます。

 これなら、チェックインできなくても荷物は無くなりますし。

 転んでも、タダで起きたら貧乏人ですよ。



 次に、今は地域共通クーポンの問題もあるので、

「あらかじめ一休で予約しておいて電子クーポンオンリーにする」

「後で空いてる時に受け取りに行くと伝える」

 とか作戦を練らないと、グダグダしますよ。

 こればかりはホテルの人も困るので、あちらの方針に従いましょう。

 もしあなたがリッツ・カールトンとかフォーシーズンズとかのクラスに泊まるなら、部屋への案内はここでしっかり断りましょうね。



 私は基本的にこの方法で鍵をレストランスタッフから貰ったり、列に並ばなくてもゲットできてますけど、例外はあると思います。

 もし「並ぶのだ」と言われたら、仕方ないので(´・ω・`) な顔のまま並びましょう。

 ルールを破ってホテルのスタッフさんを困らせるのはダメですよ。





混雑回避法2・前日や朝食後に精算する

 これも私の得意技ですが、「もうルームサービスの利用ないな」と思ったら、さっさと精算します。

 タイミングとしては・・・チェックアウト前日の夕食後とか、チェックアウト日の朝食の後とか。

 まあ、ようは「レストラン利用のために下に降りてきたし、ついでに精算しとくか」くらいのノリで精算しときます。

 これをしておくと、チェックアウト列がどれだけ混んでても近くにスタッフさんに言うと、大抵チェックアウトできるんですよね・・・

 実は、事前チェックインできる確率よりもはるかに高いです。

 これをやっておくとすごく便利なので多用しがちですが、一つ注意が必要です。

 もういないと思って、清掃の人が入ってくることありますよ。

 私は幸いドアフックをかけていたので、

コンコン(ノック音)
ガチャッ!(思いっきり扉が開く音)
ガッ!(ドアフックに思いっきり引っかかる音)

— お互い沈黙 —

扉ごしから「も、申し訳ありませんでした!!」
スーッと閉まる扉。

 こんな感じでしたので、互いに見なかったことにしました。

 フックをかけてたから良かったですけど、なかったらテレビ見ながらポテチ食ってるところに突入されるところでしたわ・・・

 これを話すと「いやいや、それ高いホテルなら大丈夫でしょ」とお思いの人も多いですが、甘いですよ。

 この上の実話、起こったのは某Hグループ最上位ホテル、Cホテルですからね。

 超一流ホテルでも、人間ですからミスは起こりますよ、うん。

 帰りにラウンジのスタッフさんに超平謝りされました。驚いたけど大丈夫だったのに・・・

 そんなわけで、事前精算したら必ずドアフックやチェーンはかけましょうね!



裏技・電話でチェックアウトを頼んでみる

 これも時々やる技ですが、クレジットカード控えて事前精算しておくと電話でチェックアウトできることがありますよ。

 フロントでチェックイン時にクレジットカードを控え、精算もランチの後に済ませる。

 そのあと部屋で4時までゴロゴロし、チェックアウト・・・ってのが私の基本的な流れですが、帰りにフロントが混んでると非常に萎えます。

 そこで、ゲストサービスに電話してお願いすることがありますよ。

 なんて頼むかというと、

「16時にチェックアウトするけど、あのクソ長い列に並ぶのは嫌じゃ! 冷蔵庫の精算もないから、ルームキー置いて帰りたいんだけど。もちろん、16時過ぎたらすぐ清掃に入ってもいいのよ」

 こんな感じの気持ちを丁寧語でオブラートに包んで伝えます。

 これ・・・以外に通るんですよね。

 もちろん、初めてのホテルでは断られる可能性もあると思いますが、そういう時は(´・ω・`) 顔で並ぶんですよ。

 私もダメと言われたら毎回並んでます。





混雑回避法3・朝食は最初か最後に行く

朝食会場

 ビュッフェって食べ放題で好きなものを好きなだけ食べれていいですよね。

 普段はあまり食べない人でも食べ過ぎてしまったりすることが多いですし、これを楽しみにホテルに来る人も多いでしょう。

 ですので、必然的にこの時期の朝食ビュッフェは混みますからね。

 激混みなだけの朝食会場ならまだしも、「そもそも入るまでに30分以上待つ」なんてこともありますよ。

 そんな状況が嫌なあなたにオススメしたいのは、私が大好きな「ビュッフェの存在半否定作戦」です。

 具体的に言いますと、

  1. 入るのは朝一ラストオーダー直前
    できれば後者。
  2. 一度一通り食べたらおかわりはしない
  3. 混んできたらさっさと退散。
    混んでなければ席でゆっくり

 ビュッフェだから皆さんおかわりしたいですよね。

 だから、ラストオーダー直前から入ってくる人は少ないですよ。

 そんなタイミングでヒョイっと入店し、食べたいものだけをささっと物色して席に着く。

 そうしている間に、上の写真にあるような人がほとんど歩いてない朝食会場の出来上がりです。

 これ、だいたい閉店15分前くらいですよ。

 この時間になると、圧倒的に座ってるお客さんの方が立っているお客さんより多くなります。

 そして、時間がたつほどに彼らが帰り始め、どんどん空いてくるのです。




窓際

 そうして、閉店までもう少しの時間になると、こうやって窓際の席が空いてきます。

 そこでスタッフさんに、

「すみません、少しだけゆっくりしたら帰るので窓際に移っていいですか?」

 とか聞いて、普段なら人気で座れない窓際の席も堪能できたりできるかもしれませんよ。

 この方法はもちろん、ディナービュッフェでも使えますよ。

 むしろ、そちらが本領ですね。

 夜に食べすぎると太りやすいから健康にもいいですし、おかわりはしないけど好きなものだけ食べるので楽しいです。

 夜なら窓際では夜景が楽しめますし、ムードもいいですね。

 ビュッフェで自分で作るコース料理は楽しいですよ。

 閉店時間を過ぎても居させてもらえることも多いですが、少しゆっくりしたら戻りましょうね。

 特に夜だと、スタッフさんたち仕事終えて帰れませんし。メリハリは大事ですよ。





混雑回避法4・クラブラウンジを利用する※

 これはホテルによってはあまり効果がありませんが、一定レベル以上の部屋の宿泊客しか使えないラウンジで朝食を食べれば、結構混雑回避できますよ。

 ただし、これは「会員特典にラウンジアクセスがないホテル」「ラウンジアクセスのランクまで行くのが難しいホテル」での話です。

 前者は、横浜ならロイヤルパークホテル横浜や東急ベイホテルが該当します。

 後者は、ハイアットリージェンシー横浜やインターコンチネンタル系列ですね。

 ハイアットのグローバリスト、インターコンチネンタルロイヤルアンバサダー会員ならラウンジアクセスは可能です。

 ただ、「年60泊」とか「そもそも入会条件不明」とか一般人には不可能な条件なので、会員数は非常に少ないです。

 そのため、これらのブランドのホテルのラウンジは「混んでも上限がある」状況です。

 そのため、ラウンジは比較的混んでいても快適性が損なわれません

 ただ、ラウンジでも今はチェックインアウトが混むので、土日は極力事前チェックインしといたほうがいいですよ。


 また、一方でこの項目が適応外なのは、お察しの方もいると思いますが「マリオット系列」「ヒルトン系列」です。

 この二つはここ数年比較的ステータスアップに寛容なので、ラウンジアクセスできる会員さんが多数います。

 てか、ヒルトンは完璧に飽和状態・・・マリオットも飽和したのかな? プラチャレはやってないので知りませんが。

 横浜のインターコンチネンタル系列なら「Pier8」、東京なら溜池山王がオススメです。溜池山王のラウンジ広すぎんよ・・・

 ハイアットはグランドハイアット一筋男なので、あえてオススメしません。贔屓しまくります。





最後に・交渉する時の注意点

 私はよく他の記事でも言ってますけど、「交渉はヒットアンドアウェイが一番」です。

 時々フロントで延々とごねてる人がいますが、フロントのスタッフさんたちはお仕事中ですから、極力迷惑のかかる行動は避けましょう

 プールの監視員に従う遊泳者の如く、フロントさんが「ダメ」と言ったら素直に従うのが一番です。

 でも、何かを言ったり提案するのは恐れなくていいと思いますよ。

 言うだけならタダですし、「ダメ」と言われてすぐに引き下がればあまり迷惑をかけることもないですので。

 私は宿泊する時は色々交渉しますけど、「ダメ」とか「無理」と言われたらすぐに退きます。でも、色々とできるか聞いてみます。

 その結果、「この条件なら大丈夫そう」とか「これは無理そう」って線引きが見えてくるので、それからが本番ですね。


 混雑を避ける1番の方法は今旅行に行かないことですけど・・・このビックウェーブ、乗らないわけには行かないのですよね。

 まあ、一つでもいい方法が見つかれば幸いです。

 では、他の記事でもお会いできたら嬉しいです。

 

 

コメント

  1. […] ホテルで混雑を避ける4つの方法 […]

  2. […]  こちらの記事でも紹介しましたが、混んでるのが嫌なら時間をずらすことをお勧めします。 […]

タイトルとURLをコピーしました