Marriottポイント50%増量セール【ポイント別活用ガイド付き】

Marriottポイント50%増量セール【ポイント別活用ガイド付き】

【 この記事の対象者 】
・今回のセールでMarriottポイントを買うか悩んでる人
・どういうことができるか知りたい人
・年末年始無料宿泊枠で有利になるか知りたい人

基礎知識:キャッシュアンドポイントの予約はアプリではなくウェブで!!





Marriottポイント50%増量セール

ブランドMarriott
お得度★★★★★
(50%増量)
緊急度★☆☆☆☆
条 件2000P以上の購入
期 間2020年9月14日〜10月22日

 Marriotthがまたポイントボーナスやってる。

 やっぱりキャッシュがないんですね・・・・頑張れ、Marriott。

 今度は「購入したポイントに50%ボーナスポイント付与」なので、かなり美味しいですね。お得度は高いです。

 ただ、Marriottブランドはポイントがなくても予約できるので、極論言ってしまえば「チェックアウト二週間前までになんとかすればよし」です。

 つまり、「緊急性」は低いですね。

 年末年始の直前争奪戦用でもよし、来年のリッツ・カールトン日光で使ってもよし。

 今回のセールは、「泊まるホテルが決まっている人」「もう予約を取っている人」が買うべきセールと思います。

 買うか迷っている人も多いですので、ここで一言。


「Marriottポイントで得をするのは難しい」


 これを覚えておいてください。

 一発7割引を平然と狙えるIHGや半額を手堅く狙えるヒルトンと違い、Marriottはポイント宿泊の還元率が悪いブランドです。


・高還元率(割引率)のホテルがどこか理解する
・そこに泊まるとき、最大還元のプランを知ってる


 この2つを十全に理解できて、初めてMarriottポイントは真価を持ちます。

 とはいえ、これを勉強すると時間がかかるので、下に購入ポイント別でいくつかの購入プランを作っておきました。

 ご参考になれば幸いです。







ポイント別購入ガイド

 本ガイドは30,000(60,000)、ポイント40,000(80,000)ポイント、100,000ポイントコースに分けさせていただいております。

 30000、40000ポイントコースはそれぞれ更にポイントをかけたプランを一部内封しております。

 では、あなたに合ったプランを一緒に探していきましょう。




30,000(60,000)ポイントコース

【 できること 】
・シェラトングランデオーシャンリゾート
 正月、大晦日の無料宿泊 25,000P
・リッツ・カールトン日光のポイント&キャッシュ
 (全額ポイント払いの場合、60,000ポイント必要)

購入レート(30,000P)20,000+10,000ポイント
$250(概算28,000円
ポイント単価:0.93円
購入レート(60,000P)40,000+20,000ポイント
$500(概算56,000円
ポイント単価:0.93円
※$1 手数料込み110円と仮定して計算





シェラトングランデオーシャンリゾート

 まず、30,000ポイント泊まれるで最高還元ホテルは大晦日・正月の「シェラトングランデオーシャンリゾート(宮崎)」です。

 最大割引を狙える大晦日は残念ながら9月15日現在クローズしましたが、正月ですと、以下になります。

 なお、25,000Pと決めて買う場合は、23,400円で済みます。



シェラトングランデオーシャン

25,000P = 54,435円
ポイントを23,400円で購入したので、
23,400円で54,435円のホテルに泊まります。

最終利益:31,035円
投資金額:23,400円程度

 これがこのコースのシンプルイズベストな買い方ですね。





リッツ・カールトン日光

 東方の雄、リッツ・カールトン日光さんがこのレートで一番還元率がいいです。

 30,000ポイントですべきことは、キャッシュ&ポイント一択

 もう今年は年内枠がほぼ全てクローズ年末年始ポイント宿泊枠の争奪戦は終了しました。

 例として、来年の春に泊まると仮定してみてみましょう。



リッツ・カールトン日光

 レートは二つ。

32,846円(サービス料込) + 30,000ポイントのC&P
もしくは、
60,000ポイント一括払いのコース。

 お気付きの方も多いと思いますが、どちらも得です。

 前者の方が徳と思う方もいると思いますが、実はそうでもありませんよ。

 まあ、資金負担が少ない分、前者の方が賢いと思いますが、その辺は好みです。

 では、実際に計算してみましょう。


【 30,000P + 32,846円(税サ込) 】
同じ部屋の宿泊代金: 122,114円
Cash料金との差額 : 89,268円 = 30,000P
ポイント購入費 : 28,000円
最終利益    : 61,268円

【 60,000ポイント一括払い 】
同じ部屋の宿泊代金: 122,114円
ポイント購入費  : 56,000円
最終利益     : 66,114円

 前者の方がポイント単価が高いですが、実はこういう時って電卓を叩くとあまり変わらない値段が出ることが多いですよ。

 このルートの場合、完全に「お財布の状況次第」でいいと思います。

「30,000ポイントくらいなら買えるなら」と思えば前者、少し懐が温かいなら後者でもいいかもしれませんね。

 先の予約なのでポイントは後日購入してもいいと思いますが、セールはいつあるかわかりませんので注意。

 買えるときに買うのも作戦ですね。





40,000(70,000)ポイントコース(大阪)

購入レート(40,000P)27,000+13,500ポイント
$337.5(概算37,500円
ポイント単価:0.93円
購入レート(70,000P)47,000+27,500ポイント
$587.5(概算65,000円
ポイント単価:0.93円

 このコースで狙うべきは一つ。

 大晦日のリッツ・カールトン大阪に他なりません。

 毎年終盤まで普通に残っている安全牌ですので、争奪戦初参加の人でも安心ですね。

 リッツ・カールトン大阪は大阪駅の近くにある好立地。

 更に、ポイント宿泊でも、予約時にクラブフロアが空いていれば、差額を払うことでアップグレード可能です。
 (なお、リッツ東京は空いてても差額払う気でも不可能です)

【クラブフロアへの追加料金】
事前:44,000円
当日:22,000円

 何がすごいって、有償宿泊の希望者がいても、事前手続きしておけば部屋確定してくれるという太っ腹加減。

 44,000円が妥当かというと・・・ほぼ4食付きと同意なので、それをどう捉えるかですね。

 当日空いてたら? 迷わずアップグレード推奨!!

 では、差額を見ていきましょう。
(なお、割引率は日光以下です)



リッツ大阪

【 40,000P + 32,846円(税サ込) 】
同じ部屋の宿泊代金: 137,220円
Cash料金との差額 : 104,374円 = 30,000P
ポイント購入費 : 37,500円
最終利益    : 66,874円

【 70,000ポイント一括払い 】
同じ部屋の宿泊代金: 137,220円
ポイント購入費  : 65,000円
最終利益     : 72,220円

 ご覧の通り、利益額が変わらない割に、資金負担が増えます。

 これは関西の人用のプランですね。

 リッツ大阪はいいホテルなので、是非「大晦日、泊まりに行くぜ!」って人はチャレンジしてください。

 なお、正月は元取れませんので注意。





100,000ポイントコース

70,000+35,000P = $875 ( 96,250円 )

 ここは、憧れのホテルに泊まりたい人だけが通る道です。

 リッツ・カールトン東京やリッツ・カールトン京都などの超一流ホテルに、繁忙期に泊まってやるぜ!

 って意気込む人が辿り着く領域ですね。

 リッツ・カールトン東京や六本木にあり、ミシュラン5つ星も獲得している超一流ホテルです。

 ハード、ソフト双方において素晴らしいサービスを体験できます。

 一方、リッツ・カールトン京都は鴨川沿いにある超高級ホテルですね。平日でも普通に13万近くしますよ。

 なお、リッツ・カールトン京都は毎年恒例の大晦日・ポイント&キャッシュでスイートルーム枠がありましたが、八月末にクローズしました。

 なので、まだ残っている正月のリッツ東京を見てみましょう。
 (大晦日も時々空きますが、レアですよ)



リッツ東京

【 100,000ポイント一括払い 】
同じ部屋の宿泊代金: 189,223円
ポイント購入費  : 96,250円
最終利益     : 92,973円

 割引率は低いですが、ここに泊まれるだけですごいと思える何かがある。

 ただし、クラブラウンジ は差額払っても無理です。

 ポイント数がポイント数なので、その辺は考えようですね。




他の狙い目ホテル走り書き

 ウェスティンルスツリゾート ( 8月にクローズ)

 リッツ・カールトン日光(復活)

 ザ・リッツ・カールトン・リザーブ ニセコ

 エディション虎ノ門

 このあたりですかね。リッツ日光は今年の東方の雄ですね。






最後に

 マリオットは微妙に旨味がないので私も泊まりたいホテルがない限り使いませんが、セールなので特集しました。

 マリオットの最大の特徴は、「割引率が低い代わりにポイントがなくても予約できる」という自由度の高さです。

 ぶっちゃけ、今回のセールで買わなくても「またセールするかもだし。最悪、足りない分は定価で買おう」と開き直れば必要はありませんね。

 私は最低限(40000ポイント)持って、足りない時は後で買う派です。

 今回の記事であなたの方針が決まれば幸いです。

 では、また他の記事でお会いしましょう。