インターコンチネンタルアンバサダー会員がアップグレードするコツ・注意点編(前編)

コーナーテラスルーム IHG

この記事の対象者】
・インターコンチネンタルアンバサダー会員である人
・過去にインターコンチネンタルのアップグレードで失敗したことがある人
・過去にアップグレードを拒否されたが理由がよくわからない

・アンバサダー会員に入会したので、アップグレードで失敗したくない人
・アップグレードするためのコツを知りたい人

 ICアンバサダー歴3年(今年4年目)の著者が解説します!

 著者の成功談、失敗談を包み隠さず書いているので、参考になれば幸いです。ヒルトンのUG交渉はまた毛色が違うので、専用ページをご覧ください。
 最後に、あくまでもこれは私の体験談をもとにして話してます。妄信せず、「なるほど、こう言うこともあるのか」「こうすればいいのかな?」って程度に参考にしていただければ幸いです。

 アンバサダー会員に関してはこちらです。

前提:プラチナアンバサダー

このページの用語解説
IC ・・・ インターコンチネンタル   UG・・・アップグレード
WE・・・ウィークエンド       CI/CO・・・チェックイン/チェックアウト
PIM・・・Power is money







あなたのアップグレードが失敗する4つの理由

インディゴ

 このページを暇つぶしで読んでいる人もいるかもしれませんが、大体の人は「部屋のUGで失敗したくない」「なんであの時のUGは失敗したんだろう」と思っているからかと思います。
 まずはじめに、UG狙いで予約をする時に気をつけることは以下の通りです。
 あなたは予約前に以下の行動を行なっていますか?

ここがポイント!
  1. アンバサダー、もしくは普通の会員規約のチェック
  2. スペシャルティスイート規約のチェック
  3. ホテルに電話をし、自分がアップグレードできる部屋、独自ルールの確認をした
  4. ハイピーク(最繁忙期)を避ける

 (クラブフロアにUGしてもラウンジがつけないことは基礎なので除外)

 この中でやっていない項目がある人はちょっと注意が必要です。
 ひょっとしたら、あなたの過去のアップグレード失敗の原因はこの中にあるかもしれません。

 過去のUGで成果を万全に発揮できていなかった恐れがあります。
 私はこれら4項目を満たした後、初めて計画・交渉のフェイズに移ります

  このページでは、1〜4の項目を解説していきます。
 「こんなのやってるよ、当たり前だろ!」という方は後半の「計画編」から入ってしまって大丈夫です。後半でお会いしましょう。







注意点1. 会員規約のチェック

時々、ブログとかで「アップグレードできなかった!」「特典を受けられなかった!」などの記事を見ますが、そう言うケースの原因は大抵ここに書いてあります
 みなさんのために特に気をつけるポイントを書き出しておきました。

 まず、規約はこちらです。目を通しながら下の記事を見ると楽かも。

  1. 特典の提供保証に関する条文
    (会員特典-一般 第10番)
  2. IHGリワーズ無料宿泊特典と無料宿泊には客室アップグレード保証は適用されません。
    (客室UG保証 第16番)
  3. クラブフロアにUGしてもラウンジが使えない的な条文
    (客室UG保証 第17番)
  4. アップグレード対象外のスペシャルティスイートの条文
    (客室UG保証 第18番)
  5. ホテル独自のUG規約があることの条文
    客室UG保証 第19番、20番、21番)
  6. 特典の例外全般
    (特典の例外 第33〜36番)

 基本的な1はここに簡単に書いたのち、列挙していきます。

10. 特典の提供保証:ホテルが、ワンランク上の客室へのアップグレード/午後4時までのレイトチェックアウト/ロイヤルアンバサダー会員対象のクラブインターコンチネンタル ラウンジへのアクセスまたはそれに相当するエクスペリエンス(同設備を備えている場合)のいずれかの提供を保証する会員特典を提供できない場合、例外として明記されている場合を除き、会員には提供できない特典に対する補償を提供するものとします。 

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions#benefit

客室UGレストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額、または、IHG®リワーズ ポイント10,000ポイントのいずれか(1回の滞在につき1回のみ提供)無料宿泊特典/無料宿泊は適用外
午後4時までのレイトCOレストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額、または、IHG®リワーズクラブ ポイント10,000ポイントのいずれか(1回の滞在につき1回のみ提供)
ラウンジアクセス1泊あたりレストラン&バーまたはスパクレジット 最大100USドル相当額(但し、クラブ インターコンチネンタルへのアップグレードの価値を超えないものする)
https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions#benefit

 上の表に書いてある通りですが、それぞれの特典をホテルが提供できない(もしくは宿泊者が辞退した)場合、5000円の館内お食事券かポイントがもらえます。

 5000円となると結構バカにできないので、もらえるときはもらいましょう。ただし、これから説明する例外の部分においては除外されることもありますので注意が必要です。







無料宿泊はUG保証外

16.  IHGリワーズ無料宿泊特典と無料宿泊には客室アップグレード保証は適用されません。空室状況によりご利用いただけない場合があります。詳しくはIHGリワーズご利用規約をご覧ください。

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions#guaranteedupgrade

 これですが、基本的にホテルの当日の混み次第やホテル独自のルールによります。
 ANAインターコンチネンタル東京は3回くらい無料宿泊してもUGなしのレイトCOありって感じですが、ストリングス東京は過去2回ともバストイレ別の部屋にUGしてくれてます。

 これに関しては「有償UG」を兼用するPIM方式をすると、より満足度の高い滞在になりやすいです。使うところではお金を使うのが、いい滞在の作り方と思ってます。

ここがポイント!
・ホテル独自のルールによるけど、UGされることもあります。
・UGされなくても、このルールがあるから仕方ないの精神でいきましょう。
・もっと滞在を良くしたい時は、素直に現金で解決しましょう。

 この項目は無料宿泊特典活用の特設ページで解説します。







アップグレード対象外のスペシャルティスイートの条文

 これに関しては注意点2で詳しく話すので除外します。




ホテル独自のUG規約があることの条文

19. ホテル独自の裁量により、ワンランク以上の客室アップグレードを提供することができます。ホテルのアップグレードが定義されたカテゴリーのアップグレードを超える場合や複数の客室設定を含むカテゴリーへのアップグレードが行われた場合にも、補償は提供しません
20. アップグレードは、ihg.comに公示されている客室カテゴリーのみを対象とします。客室カテゴリーはホテルにより異なり、高層階の客室、面積の広い客室、眺めの良い客室などが含まれる場合があります
21. 提供保証のアップグレードはすべて、予約時に選択された客室タイプに基づいて行われ、ホテルへの到着時に確定するものとします。

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions#guaranteedupgrade

 ここに書いてある通り、各ホテルごとにUGのルールを持っています。

【一例として】(あらじふの経験則)
・ヨコハマグランドIC ・・・ 部屋の向き関係なし、ワングレードアップ
 (例・スタンダードシティビュー → デラックスシティビュー)
・IC東京ベイ ・・・ 部屋の向きもUGに含める
 (例・スーペリアリバービュー → スーペリアベイビュー)

 一例として、大体こんな感じです。
 また、UGのタイミングもホテルによって違います。これは大きなポイントです。
 つまり、予約日にはUGしたい部屋が空いていても、当日までに埋まればUG不可ということもあり得ます。

【一例として】(あらじふの経験則)
予約数日後、または電話した直後・・・ヨコハマIC、ANAIC万座、ストリングス東京IC
宿泊日当日・・・ANAIC東京、IC東京ベイ
Pier8は電話時と思うが詳細不明。すぐにはUGされず

 なお、これらの情報はあらじふの経験則(2017〜2020)に基づくものです。最新の情報を確認する際は「ホテルに電話して聞いてみる」のが一番だと思います。
 そのやり方に関しては、第3項で説明します。

ここがポイント!
・ホテル独自のUGルールがあります。
・UGする部屋は、ホテルによっては眺めなども含むことがある
・UG するタイミングはホテルにより異なる。
・不安なら電話で確認!







特典の例外について

34.  インターコンチネンタル アンバサダーおよびロイヤルアンバサダー会員への客室アップグレード保証と午後4時までのレイトチェックアウト、ロイヤルアンバサダー会員への午前10時からのアーリーチェックインとクラブインターコンチネンタルへのアクセスは、以下のスペシャルイベント適用期間には、特典の提供保証から除外され、状況によって提供できない場合があります。
a.  大晦日(12月31日) – 対象地域:世界全域 
b. 春節(旧暦の元日から10日間) – 対象地域:中華圏(中国、香港、台湾、マカオ)
d.  2021年7月21日から8月8日までの2021年夏季オリンピック期間中 – 対象地域:日本/東京

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions#guaranteedupgrade

 特に日本人と関わりが深そうな34番の3項目だけ出します。
 この項目、もちろんながら超重要です。

 特定日・・・無料宿泊特典の最大還元が狙える大晦日ですが、ご覧の通り、UG特典とレイトCO特典は完全にホテル側のご好意となってます。
 春節の時の中華圏、来年のオリンピック期間中も同上です。この期間中は、UGを完全にホテル側のご好意に任せるか、PIM方式で資金負担をして満足度を上げるという二通りしか存在しません。







注意点2.スペシャルティスイート規約のチェック

 2−2で読み飛ばしたスペシャルティスイート規約に関する説明です。
 アンバサダー会員のページでも解説しましたが、「ホテル側はここに記されている高額なスイートへのUGを拒否する権利」があります。
 国内のもののみ列挙しておいたので、参考までにご覧ください。

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
ジュニアスイート、プレミアムスイート、パノラマ 1ベッドルームスイート、パノラマ 2ベッドルームスイート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
クラブインターコンチネンタル コーナーテラスルーム、クラブインターコンチネンタル コーナースイート、クラブインターコンチネンタル デラックスコーナースイート、クラブインターコンチネンタル デラックスコーナーテラスルーム

インターコンチネンタルホテル大阪
エグゼクティブスイート、2・3ベッドルーム レジデンス

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
インターコンチネンタルスイート ツイン、インターコンチネンタルスイート ダブル

ANAインターコンチネンタルホテル東京
風/花/雅スイート

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
ザ・スイート ツイン、ザ・ピーク スイート

インターコンチネンタル横浜Pier 8
シグネチャースイート

https://www.ihg.com/intercontinental/content/jp/ja/ambassador/terms-conditions/suites-exclusions

 なお、pier8はコーナースイートのUGはホテルルールで不可です。なぜここに書かないかは不明。

 ちなみに、あらじふは青文字の部屋にUGした経験があります。あくまでも「拒否する権利」なので、相手が「UGしていいよ」ということもあるってことですね。
 他のブログとかを見てるとしっかり拒否されている人もいたので、これは運とかその時の状況も絡んでくると思います。
 こういう難関アップグレードの狙い方とかは後半で説明します。







注意点3.ホテルに電話をして確認する

 電話をかける時の注意点

 これって意外にやっていない人が多いです。せっかくの旅行なので、ホテル側に迷惑にならないよう気をつけながら電話するが吉と思います。
 もちろん、相手は仕事中ですので、変にゴネたり、話を長引かせることは避けましょう。それも仕事のうちかもしれませんが、迷惑をかけないに越したことはありません。
 ひとまず、あらじふがいつもやっている手順をご紹介します。

【下準備】
1. ベストフレックスなどキャンセルできるプランで予約を取る。
2. 何を聞くかを事前に紙に箇条書きする。
3.恋人、家族など同行者がいれば希望のすり合わせをする。

【電話編】(あくまでも一例です)
受付さん :はい、IC ◯◯です。
あらじふ :◯月△日で予約している「あらじふ」です。
      宿泊予約の担当者さんはいらっしゃいますか?
受付さん :ありがとうございます。担当にお繋ぎ致しますのでしばらくお待ちください。

    〜〜〜 保留音 〜〜〜

受付さん :あらじふ様、担当にお繋ぎいたしましたのでそのままお喋りください。
担当さん :こんにちは、宿泊予約の□□です。
あらじふ :◯月△日で予約している「あらじふ」です。
      一点確認を取りたいことがあって電話してます
担当さん :◯月△日で予約している「あらじふ」様ですね・・・
      クラブツインルームで2泊、2名様でお間違い無いでしょうか?
あらじふ :はい、そうです。
担当さん :ありがとうございます、どういったご用件でしょうか?
あらじふ :一つ上のスイートルームにUGしたいと考えてこの部屋を
      予約しました。
UGは可能でしょうか?
担当さん :かしこまりました、ただいま確認いたします・・・・
      そうですね、当日は空きがございますのでUG可能です。
あらじふ :本当ですか!? UGのタイミングはいつになりますか?
担当さん :今こちらで処理いたします。
      予約画面も時期に切り替わりますので、少々お待ちください。
あらじふ :わかりました、ありがとうございます。以上で大丈夫です
担当さん :かしこまりました。当日は気をつけてお越しくださいませ
(電話を切る)

・日付を二回言う  ・・・ 受付さん、担当者さんと二回行った方がスムーズ
・予約担当さん・・・大抵、こういう予約を管理してるのは宿泊予約係さんです。
・突然担当が変わる ・・・ IHGの電話は保留後、いきなり担当がかわります
・最初に質問数を伝える ・・・ この方がベターかなと思います。
・欲望は素直に伝える ・・・ この部屋に泊まりたい! と欲望は素直に
               伝えた方が担当さんも対応しやすいかと。

・用が終わった事を伝える ・・・ 何も言わないと、無言の間が広がるので絶対に言おう。
・最後にUGタイミングの確認は忘れずに!!

 ここで「無理だよ」と言われたら、次は日付を変更しても無理かと聞きます。
 それでも無理なら素直に撤退して作戦を練り直しましょう。変にゴネて担当さんの時間を浪費するよりも建設的と思います。
 ホテルの交渉では、何よりも引き際が重要ではないかと思います。
 ゴネても両方に得なことは一切ありません。(ベストレート交渉を除く)

ここがポイント!
・最初の予約時には、本決定した日にちを充てがう。
・聞きたいことはあらかじめ決めておきましょう。
・あらかじめイメトレもしておいて、スムーズに話すよう心がけましょう。
・UGのタイミングはここで確認しましょう。
・「この部屋に泊まりたい!」と素直に欲望はさらけ出しましょう。
・日付を変えても無理なら諦めて撤退しましょう。
・担当さんは仕事中です。変にゴネて時間を浪費するのは避けましょう。

 相手もお仕事なので、最初の予約の時点で「もし成功したらそのまま予定変更なし!」ってくらいの意気込みで行くのが礼儀と私は思ってます。

 最後に、電話をするのは「電話したタイミングでUGできるホテルのみ」です。
 UGのタイミングが当日のホテルでは、天に祈るほかありません。






電話時にホテル独自のルールも探る

 これはUGを断られた時のことですが、ここでホテル独自のUGルールを探るといいかと。聞き方としては怒鳴ったり文句を言うのではなく、素直に「なんでできないんですか?」と聞くといいです。
 もし秘密にしてなければ、大抵の場合は担当さんが「実はそう言うルールでして・・・」とかそう言うニュアンスを返してきます。それはホテル独自のUG拒否規定があると言うことです。そのタイミングで詳しく聞いておくと、次回の参考になるかもしれませんね。

 ルールで決まっている場合、相手も組織の人間なのでまず崩せないと思った方がいいです。むしろ、超閑散期とかで泊まれるタイミングなら、最初の時点で「上長に確認します」などと言って確認をとった後、OKの返事をくれます
 それがなかったってことは、もうほとんど可能性はないかと。

 ここまできたら完全に一時撤退する場面なので、素直に退く事をお勧めします






注意点4. 超繁忙期(ハイピーク)を避ける

以下、あくまでも私のイメージです。

繁忙期のリゾート:来てくれた所悪いんですが、忙しいので特典をあまり出せないです。
          本当にごめんなさい、今回はこれで我慢してね。(´・ω・`)


閑散期のリゾート:上級会員! 上級会員だろ、お前!
          贅沢してけ、な、たくさん贅沢してけ!

 繁忙期と閑散期の沖縄を体験しましたが、これぐらいの差がありました。初めて閑散期の沖縄に行った時は、「え? これがあの沖縄?」と思うほどちやほやされてびびります。
 それまで沖縄は基本的に渋いイメージだったので、一発でイメージを覆された感じです。繁忙期は忙しそうなスタッフさんも暇そうで、結構ちやほやしてくれていい気分になれます。

 繁忙期はみんなお金を払っても高い部屋に泊まりたがるので、大規模UGを狙うならこの時期は避けましょう。むしろ、お盆とかGWは「最悪の場合はUGなし」ぐらいの心構えでもいいと思います。

 逆に閑散期は、普通に有償宿泊で泊まる場合は結構狙い目です。値段も安いし、いつもはされないような特別なUGも体験できる可能性が出てきます。
 旅行なら必ずお盆休み、必ずGW、クリスマスとお考えのあなた。少しずらすだけでも享受できる特典は全然違いますよ。

もしいい部屋にUGしたいなら、超繁忙期は避けて予定を練りましょう。






いんたーばる

 というわけで注意事項は終了です。
 もし過去にUGに失敗した人の中で、この記事で原因がわかったようであれば幸いです。
 これらを踏まえ、後半では実際の戦略(計画)の立て方に移ります。
 ここまで読了、ありがとうございました。後半でまたお会いできれば幸いです。

コメント

  1. […]  こういう人向けに書いています。 また、これは「前編」の知識を得ている人向けの記事です。読んでいない方は目次1番目のリストを確認して、理解できてるか確認してください。 […]

  2. […] IHGでアップグレードするコツ・注意点編(前編) […]

  3. […] IHGアンバサダーでアップグレードするコツ・注意点編(前編) […]

  4. […] IHGアンバサダーでアップグレードするコツ・注意点編(前編) […]

  5. […] IHGアンバサダーでアップグレードするコツ・注意点編(前編) […]

  6. […]  ルームアップグレードに関しては話すと長くなるので、こちらの記事でご確認ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました