50%OFF以上限定! 今からでも間に合う年末年始の無料宿泊プラン【第5版】

50%OFF以上限定! 今からでも間に合う年末年始の無料宿泊プラン【第5版】

【 この記事の対象者 】
・年末年始の宿泊をまだ決めていない
・ポイント宿泊プランの空き状況を知りたい
・SPGアメックス初年度年会費をペイしたい

【この記事の信憑性】

私の過去3年間の戦績は以下の通りです。
競争、市場を把握して枠を獲得してきました。

1年目 ストリングスホテル東京
¥98,000 → ¥33,000( 66.67% OFF )
UGあり。ツインルーム

2年目 ヒルトン東京ベイ
¥150,000(net) → ¥44,000 ( 70.67% OFF )
UGあり。セレブリオツインパークビュー

3年目・ハイアットリージェンシー 瀬良垣
不明(15万以上は確定) → 48,000円 (60% OFF以上)
スイートルーム限定プランで予約
(ポイントレートは下の記事に準ずる)

 この記事は第5版(9月21日更新)です!

 クローズ期に突入したので、更新は不定期です。

 何が変わったかを見たい人は「今週の出来事」を要チェック!!

 後、目次で「★」がついてるのは今週追加されたやつですよ。

 土曜日更新で、動きがなければ翌週に回します。


 また、無料宿泊・ポイント宿泊って何? という人はあらかじめ下の記事で勉強するとわかりやすいと思いますよ。





今週の出来事

【 今回の動向 】
・ハイアット横浜大晦日枠消滅
・コンラッド大阪の大晦日枠復活
・東京ステーションホテル正月枠、「最安値」で登場からの瞬殺
・ホリデイイン宮崎の大晦日枠ついに消える。
・ヒルトン小田原大晦日枠が復活
・ハイアット瀬良垣、大晦日が大復活
・ウェスティン京都の正月、また消える

 以上の動きでした。

 先週から感じてはいましたが、コンラッド大阪が例年の如くクローズしたので、クローズ期に入ったと考えています。

 年末年始枠の販売に関しましては、


事前販売期 → クローズ期 → 直前販売期
(この呼び方は当ブログ独自のものです)


 と移行していきます。

 最もいい部屋が多く揃う事前販売期は終わり、すでに「直前販売期」に備える準備期間、「クローズ期」へ移行しました。

 まだ予約が取れていない人がこの時期にすべきことは、なんと言ってもポイントを蓄えることです。

 事項でクローズ期の動き方を考えていきましょう。


 また、そんな中でも今年は一瞬だけ東京ステーションホテルの正月枠が空きました。

 利益はゼロ。

 宿泊費が最安値なので、正規料金のが断然お得ですね。

 正月の東京ステーションホテルに五万円ですよ。

 なお、ハイアット特典でアーリーチェックインレイト・チェックアウト・ルームアップグレード完備


 緊急性の高い情報(すぐ埋まる枠の出現)はツイッターでつぶやきますので、フォローしてるとリアルタイムに情報を取得できますよ。

 もしよければフォローしてください。すごく感謝します。

 



11月初旬まで・クローズ期の動き方

 クローズ気に私たちができることは2点。

  1. キャンセル待ち枠を狙う
  2. ポイントを蓄え、直前販売期に備える

 どちらがおすすめとかはありません。ご自分の狙ってるホテルや状況によって変わります。

 なんのポイントを貯めるかは色々ありますが、初心者さんはIHGをオススメします。

 ポイント数は40000ポイントあれば十分です。

 理由は5つ。

  1. そもそもIHGはポイントがないと予約できない。
    ポイントがあれば、空いた瞬間にとれる。
  2. IHGは比較的キャンセル枠が空きやすい。
  3. インターコンチネンタルは利率が比較的に高め。
  4. ポイント単価が0.5円で初心者でも貯めやすい
  5. ホテル自体も70000P(3.5万円)くらいまでと高すぎない

 なぜ40000ポイントかというと、上級の60000P必要なホテルでも「キャッシュ&ポイント」で予約できるからです。

 このやり方でやると、初期投資2万円、後日1万円と分散することもできます。

 ポイントさえあれば、キャンセル待ちで「空いた!」ってなった瞬間抑えられます。

 泊まりたいホテルがある人は、セール時に進んで購入しましょう。




 もしあなたの泊まりたいホテルがヒルトンやハイアット系列の場合、その泊まりたいホテルのポイント数があなたが購入すべきポイントです。

 あなたがコンラッド東京に泊まりたい場合、95000ポイント・・・5万円の初期投資が必要になり、初めて予約することができます。

 一方、グランドハイアット東京のクラブフロアは33000ポイント・・・六万五千円以上の資金投資です。

 国内のハイアットはスタンダードルームなら8000Pから泊まることができますが、ハイアットポイントの真価はスイート、クラブフロアの無料宿泊です。

 コツコツ貯めてないと少しきついのでは? という額です。




 マリオットグループの場合、実は最初はポイント購入しなくても大丈夫です。

 マリオットにはポイントアドバンスというシステムがあり、ポイントがなくても予約できます。

 ポイントはチェックイン2週間前までに手に入ればよく、期限までであれば好きなタイミングで購入、消費できます。

 欠点として、誰でも予約できるので競争率が高いことです。


 ご自分の狙っているホテルのポイントを購入しましょう。

 ヒルトンやハイアットは資金負担を多くするか、私みたいにコツコツ貯めることをお勧めします。

 急に開いたキャンセル待ちはTwitterで呟きますので、よければフォローお願いします。

 なお、IHGはガチで瞬殺なのでご注意を。

 




巻頭戯言・年末年始無料宿泊プランの魅力

 管理人が戯言垂れ流すだけなので、忙しい人は読み飛ばしてください。


 12月31日、1月1日の無料宿泊はポイントを利用する無料宿泊特典、ポイント+キャッシュなどの利率が最大となる期間です。

 当然、この繁忙期にホテル側もおおっぴらに泊めさせてくれるわけもありません。

 枠は人気ホテルや利率の高いホテルだと争奪戦となり、例年キャンセル待ちで少ない枠を奪い合う戦争が勃発します。

 私は、その競争を制して予約を取ることを趣味にしている人間です。

 このルートだと最小でも半額、最大7割引を狙えるので、予約できた瞬間は脳汁が出ます。(真顔)

 8月23日現在、私はすでに年末商戦をほぼ理想の形で終了しました。

 8月末までに勝負をつけないと面倒臭いので、ホッと一安心です。

 これ以降は先行枠が消え、キャンセル待ちか市場の把握で予約を取る状況になります。

 このページでは、投稿時点で空いているプランを紹介していきます。更新日時をよく見てから予約しましょうね。


 私のツイッターでも気付き次第ツブヤキますので、よければチェックしてください。

 タイミング的には早朝・10時・昼休み・15時・夜とかになると思います。


 では、長くなりましたが大晦日か正月に空いているホテルをブランドごとに紹介していきます。

 50% OFF未満のものは高級ブランドでないと紹介しませんので、あらかじめご容赦ください。





IHG

※比較料金はその時の最安値(事前支払い含む)で計算してます。

インターコンチネンタル東京ベイ

12月31日〜1月1日
¥97,755 → 55,000P ( 67% OFF )

 9月2日に一瞬だけ出現しました。もちろん瞬殺。

 基本、このホテルの大晦日はキャンセル待ちがメインとなるため、ツイッターで私が呟いたらすぐ予約するぐらいの気持ちでないと予約できません。

 今年は全く狙ってないから、IHG界隈もバンバン言っちゃいます。

 有償アップグレード拒否、無償アップグレード最低限と結構ケチですが、立地もホテルもいい。

 なお、毎年値崩れ起こして1〜2万円ほど値段下がってるので、利率は多少下がりますよ。

 今年は最初から低いので、利率の減少も低くなるかもですけど。





ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

12月31日
¥72,200 → 55,000P ( 58% OFF )
(元旦は利益低いので除外)

 ヨコグラさんは年末年始イベントもあり、結構楽しいホテルです。

 注意事項として、直前で値下がりしてお得度が下がる可能性が高いです。



他東京・神奈川エリア

12月31日〜1月2日 のみ 空きあり
・ストリングス東京
・ANAインターコンチネンタル東京

 2泊プランで空いているのは上の二つです。

 110,000P以上必要なので、余裕を持って貯蓄しましょう。

 4割引程度なので除外しましたが、よければどうぞ。



クラウンプラザ京都

12月31日〜1月1日
¥47,500 → 30,000P ( 59% OFF )

 例年、結構遅くまで空きがあるクラウンプラザ京都です。

 花の京都の大晦日に17,000円分のポイントで泊まれます。

 立地は二条城の近くで、結構いいですよ。



インターコンチネンタル石垣リゾート

12月31日〜1月1日
¥104,310 → 60,000P ( 68% OFF )

 クラブフロア棟を新築したこともあり、単価がめちゃくちゃ上がった石垣さんです。

 夏前に行く予定でしたが、石垣島のおじい、おばあに感染したらやばいのでまだ行ってません。

 また、インターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄本島)も空きがありますが、5割ギリギリ行かないので省きました。

 あっちは70,000ポイントになっててすごく高いんですよね、なんで?



ホリデイインリゾート宮崎

12月31日〜1月1日
¥58,663 → 15,000P ( 84% OFF )

1月1日〜1月2日
¥53,770 → 15,000P ( 72% OFF )

 84%引きって何? と本気で思うレベルの超高還元ホテル、ホリデイインリゾート宮崎。

 大晦日は埋まったけど、正月はまだ空いてますよ。

 なんと、温泉大浴場付きです、やったね。(語彙消滅)

 ポイント数も負担も少ないので、九州にお住いの方はこちらをお勧めします。

 なお、ルームサービスもリーズナブル。

 これは引き篭もるよ。(確信)





今後空きそうなホテル

 例年の傾向を考えますと、

・インターコンチネンタル横浜pier8
・インターコンチネンタル大阪

 この二つは空きが出そうです。

 出次第にツイッターかブログでアップしますが、すぐに埋まる可能性が高いのでご注意ください。

 別府や箱根は一瞬で埋まるので、出てもツイッターのみです。





Hilton

コンラッド東京

12月31日〜1月2日
¥230,250 → 190,000P ( 54% OFF)

 空いていることにびっくりしました。

 二泊からなので費用は10万円程度かかります。

 私が別記事で「毎月コツコツ貯めようね」って言ってるのはこういう時のためですね。

 割引額は低いですが、普通に10万円くらい得してますし、何よりコンラッド東京は素晴らしいです!!

 よくある14日前までのキャンセル可な規定です。

 ダイヤモンド会員の人はラウンジアクセス確定の上、運が良ければスイートですね。

 ここのスイートは60室以上ありますから、1/60に入れば勝ちです。



ヒルトン成田

12月31日〜1月1日
¥50,640 → 20,000P ( 78% OFF )

 ホテルのグレードは普通のヒルトンより下がりますが、その分料金も下がります。

 11,000円くらいで大晦日にヒルトンホテルに一泊は脅威ですね。

 コスパ最強なのでオススメです。

 キャンセル規定もベストフレックスと同じ前日まで。最強か!




ヒルトン小田原 ★

1月1日〜1月2日
¥177,266 → 95,000P ( 70% OFF )

※8月27日に満室を確認。復活の可能性あるも不確か。

※9月20日頃に復活。はやいっ


 毎年年末年始商戦終盤まで生き残ってくれる僕らのヒルトン小田原です。

 今年の満室が早すぎて心底驚きました。

 からの一ヶ月で復活。こうでなくては。


 今年はそれほど魅力を感じませんが、温泉大浴場付きですよ。

 95,000ポイント(5万円相当)なので初心者さんには勇気がいると思いますが、1カ年計画なら月5千円貯金ですね。

 利益120,000超えのお得コースです。

 一年に一度の贅沢したい! という方にオススメです。

 ここはキャンセル規定が11月16日までなので、よく考えて予約しましょう。




他の関東エリアの状況

 本年度はニューイヤーズ・イブのイベントがなさそうなこともあり、ヒルトン東京ベイが初の利率割れです。

 今後の動向として、
・コンラッド東京の大晦日のみは空くのか(去年はあかなかった)
・キュリオ軽井沢の動向

 が気になりますね。




コンラッド大阪 ★

12月31日〜1月1日
¥100,644 → 95,000P ( 56% OFF )

 東京と違い、大阪のコンラッドは普通に大晦日のみでも観測できます。

 ただし、去年は9月以降で一旦クローズ、年末年始直前に復活という傾向でした。

 9月9日、例年通りにクローズ。

 からの速攻で復活。今年は傾向が違いますね。

 9月以前に予約できなくても直前に空くと思うので、よくチェックするといいでしょう。

 キャンセル規定は時期によって変わります。

 1日前・14日前・ひと月前のどれかなので、よく確認しましょう。




ヒルトン沖縄瀬底リゾート

12月31日〜1月1日
¥105,560 → 80,000P ( 58% OFF )

 言い方悪いですが、「値崩れするだろうな・・・」と思いながら書いてます。

 ヒルトンが今年開業した沖縄瀬底エリアのホテルです。

 新しいホテルですので、興味のある人にオススメです。





Hyatt & SLH

アンダーズ東京

12月30日〜1月1日
12月31日〜1月2日
¥ → 60,000P ( % OFF )

※大幅な値崩れを起こしているため様子見。
 何故か大晦日と正月が同一料金。


 これ、コロナ禍でもないと空きないのでは?

 とすら感じる、大人気の最高級ホテル・アンダーズ東京に年末年始二泊

 ポイントだけでも120,000円分という驚異のコストですが、180,000円得します

 お金持ちの方か、意地でもアンダーズに泊まりたい方、どうぞ。

 てか、これってグローバリストさんの場合は下手したらスイートルーム二泊確定??





ハイアットリージェンシー横浜 ★

[ 12月31日〜1月1日 ]
スタンダードルーム ¥42,471 → 12000P(43% OFF)

スイートルーム ¥269,951 → 24000P(82% OFF)

[ 1月1日〜1月2日 ]
スタンダードルーム ¥42,471 → 12000P(43% OFF)
スイートルーム ¥269,951 → 24000P(82% OFF)

 大晦日は第2販売期もクローズ。正月はまだありますよ。

 さりげなくベイビュースイートの値段が上がってますね。

 ハイアットのスイートルームリワードはクラブラウンジも使えますので、最高の年末年始を過ごせそうですね。

 スイートルームの割引率は驚異の82%引きです。

 欠点としては、割引率が高い代わりに資金負担も多いことです。

 48000円はコツコツ貯めてないとキッツイ。

 私のようにグローバリストの知人・友人・ご家族がいれば、25000ポイント譲渡で二泊できます。

 特典はレイトチェックアウト4時、クラブアクセス、運が良ければスイートですね。





ハイアットリージェンシー瀬良垣

12月31日〜1月1日
¥105,655 → 15,000P ( 72% OFF )

スイートルーム
¥187,693 → 24000ポイント(75% OFF )

 インターコンチ万座のお隣さんです。

 正月スイート枠消滅、全体的な値上げ、大晦日枠全復活!(9月21日)

 私は去年、7月ぐらいに大晦日のスイート予約しました。

 大変素晴らしい滞在でしたので本気でオススメです。

 この付近はレストランがないから、ホテルで食べるつもりで行きましょうね。




Hinode hills Niseko village(SLH)

1月1日〜1月2日
¥104,000 → 25,000P ( 52% OFF )
Studio suite room

 SLHグループですが、北海道ニセコエリアで空きあります。

 ここは基本スイートルームみたいですね。




The Terrace Club at Busena

12月31日〜1月1日
¥138,600 → 30,000P ( 57% OFF )

 最低ランクでもクラブルームというすごいホテル、沖縄名護市です。

 部屋もテラス付きでいい感じですね。




TOKYO STATION HOTEL ★ [ 特別枠 ]

1月1日〜1月2日
¥51,460 → 25,000P ( 割引なし )

 空くんかい!! と本気で思った枠、ツイッターはこちら。

 ポイントでの割引はないですが、今後高騰する可能性あり。

 まあ、定価を素直に払ったほうがいい枠ですね。

 あの東京ステーションホテルの正月に5万円で泊まれます。

 何がすごいって・・・これ、go to travel使えるのでは??

 もし使えたら32,500円・・・・うせやろ??

 この枠は特別に取り上げます。流石にすごい。同時に一休も見たほうが良さそうですね。




今後の動向

 ハイアットは時勢を読みにくいですが、瀬良垣は例年残ってるので残りそうな気がします。

 ハイアット横浜は夏休み前まではありましたが、無くなった見たいですね。

 → 復活しました。(9月5日)→大晦日、再びクローズ(9月20日)

 去年の傾向を見る限り、大晦日にグランドハイアットのクラブとかは空きそうですが、利率はそんなに良くありませんよ。






Marriott

ウェスティンルスツリゾート

12月31日〜1月1日
¥162,440 → 70,000P ( 56% OFF )

 北海道のウェスティン、8月29日にポイント枠満室を確認

 行ったことないので省略します。





マリオット山中湖 ★

1月1日〜1月2日
¥96,858 → 35,000P ( 64% OFF )

 遅かったですが、来ましたね。

 温泉付きマリオット、マリオット山中湖も一度だけポップしました。

 瞬殺ではありませんでしたが、決して長生きではありませんでしたね。

 有償アップグレードは正月だから無理ですってさ。

 このあたりは雪が降るので、車で行くときはチェーンをお忘れなく。

 






ザ・プリンスさくらタワー東京

 ポイントというか、レアなSPGアメックス無料宿泊特典枠なのでぺたり。

 何故か大晦日がハイピークではないプリンスさくらタワー東京様のエントリーです。崇める。(確信)

 8月24日に観測し、翌25日朝には消失を確認しました。

 無料宿泊枠争奪戦の後半でよくある「見た瞬間予約しないと次はないタイプ」の典型ですね。

 ここはプラチナ会員でラウンジアクセスがつくと、同じ敷地内の他のプリンスホテルのラウンジも使えるお得ホテルです。

 やっぱり、ホテル名通りに春がハイピークなんでしょうね。




リッツ・カールトン東京

12月31日〜1月1日
1月1日〜1月2日
¥237,791 → 100,000P ( 58% OFF )

 ポイント数も馬鹿げたレベルですが、お正月にあのリッツ・カールトン東京に泊まれます。

 100,000P ともなると、ポイント購入しか手段はないかと思われます。

 素直にセール時に買って貯めましょう。




リッツ・カールトン京都(変則)

12月31日〜1月1日
¥305,727 → 100,000P + ¥77,900 ( 42% OFF )

1月1日〜1月2日
¥299,330 → 85,000P + ¥77,900 ( 45% OFF )

 利率は悪いですが、超高級ホテルのスイートに泊まれるので載せておきます。

 リッツ・カールトン京都は大抵こういうスタイルですが、キャンセルが出れば普通の部屋で予約できて利率5割超える感じです。

 空いているのはザ・スイートKITAかガーデンテラススイートとお高い部屋のみ。

 京都の一等地、大晦日ということがあっても勇気がいる値段ですね。

 9月5日、ついにクローズしましたね。今年もお疲れ様でした。




ウェスティン都ホテル京都(SPGアメックス) ★

1月1日〜1月2日
¥97,140 → SPGアメックス更新特典で無料

 僕の、私の頼れるホテル、ウェスティン都ホテル京都が正月の通常期枠を解放してました。

 なお、もちろん瞬殺。からの5日朝復活。9月20日、再び満室

 ポイント宿泊というか、「理想的なSPGの更新特典使用コース」って感じですね。

 年会費34,100円で、宿泊費10万近い正月の京都のホテルに一泊。

 今年も正月=通常期というレートが確認できたので、でかいですね。

 マリオットの京都エリアはなぜか、大晦日=繁忙期、正月=通常期というホテルが多いです。





リッツ・カールトン大阪

12月31日〜1月1日
¥149,364 → 70,000P( 53% OFF )
¥149,364 → 40,000P + ¥35,376
( ポイント単価2.8円 50% OFF )

 上で呟いた通り、昨日(8月28日)は値下げしてたのに値段戻りましたね。

 大阪方面の人がSPGアメックス初年度特典を使う場合だと、利率が下がっても後者のコースがお得ですね。

 リッツ・カールトン大阪は差額¥44,000(当日の場合は半額)払うと、空いてればクラブルームにアップグレードしてくれますよ。




リッツ・カールトン日光 ★

12月31日〜1月1日
不明 → 30,000P + ¥33,551
( ポイント単価 円 50% OFF 以上 )

 8月27日に枠が消滅。

 8月28日に一度復活するが、12時間以内に消滅。

 9月第1週、完全なクローズを確認。直前枠の復活は不明。


 友人に「本当にあったの?」とイチャモンつけられていらっときたので証拠あげます。

証拠

 実は前後でもう何泊か取ってますが、それあげると部屋で特定されるからそっちはアップできないよ。(友人宛コメント)

 今年、事前販売期の華でしたね。緊急事態宣言来たら泣くわ。


 東日本版、SPG初年度会員特典の使い道です。

 大浴場付きのホテルなので、のんびり過ごせますね。

 大晦日のポイントプランは公式サイトからのみ表示。

 しかも、トップで「ポイント可」みたいな表示がないので注意してください。

 リッツ・カールトン日光は平日でも9万円・・・普通に一泊10万超えがボンボン出る高級ホテルですよ。






最後に

 この記事は定期的に更新し、トップで固定する予定です。

 今はコロナ禍ではありますが、やはりお正月や大晦日は一大イベントです。

 うろうろしたりせず、ホテルでゆっくりするだけならステイケーションしに行くのも選択肢の一つかと思います。

 では、他の記事でもお会いできたら嬉しいです。