Hilton ゴールド・ダイヤモンド会員のルームアップグレードにおける三つの注意点と、ダイヤモンド会員が今狙うべきホテル[2021年3月20日]

great Hilton

【 この記事の対象者 】
・Hiltonのルームアップグレードを体験したことがない
・ウェブチェックインの仕組みが知りたい、やり方がわからない
・無料宿泊でのアップグレード傾向を知りたい人

 この記事はHiltonホテルのルームアップグレードに関する記事です。

 内容は初心者向けなので、多少慣れている人の場合は目次見て実入りのある内容があるかを確認しましょうね。

 もしダイヤモンドチャレンジを考えている人は、こちらをご覧ください。

 IHGやmarriottになると毛色が違うため、各ブランド専用のページをご覧ください。


Hiltonホテルのルームアップグレードにおける三つの注意点

Hiltonグループのルームアップグレードの注意点は以下の3つです。

ここがポイント!
  1. ルームアップグレードのタイミングを知ろう
  2. アプリからチェックインするタイミングを間違えない
  3. 当日の有償アップグレードを無闇に受けない

 基本的なことしか書いておりませんが、非常に大切なことです。

 では、一つずつ見ていきましょう。




1.ルームアップグレードのタイミングを知ろう

 Hiltonのルームアップグレードタイミングですが、実はホテルに電話で聞いても明確な回答が得られないので、よくわかってないです。

 ダメじゃないか! とお思いの方はぐうの音もでないほど大正解ですが、わかっていることもいくつかあります。以下の三点です。


  1. ルームアップグレードタイミングは当日、1日前、予約時のどれか思われる
  2. 1日前か当日にアプリでアップグレードされることもある
  3. 2がなくても、当日アップグレードされることもある


 Hiltonのアップグレードのタイミング を早い順にまとめると


アプリで前日にアップグレードされる
  ↓
アプリで前日の夜(夕方)ごろアップグレードされる
  ↓
アプリで当日にアップグレードされる
  ↓
ホテルでチェックイン時にアップグレードされる


 という流れがメインです。当日断られたらアップグレードなしですね。

 この流れを断ち切るために一週間前ほどに電話したこともありますが、年末年始だったこともあってか

「もう部屋の割り振り終わってるんで、アップグレードは無理です!」

 と、本当か知りませんがはっきり断られました。ぎゃふん。

 ここで、幾つかの例を下に書きます。


  1. Hilton小田原に金曜日泊まったら、アプリで前日に3段階アップした。
  2. Hilton北谷に閑散期泊まったら、アプリでは何もなかったのに、ホテルで2段階アップした。
  3. Hilton東京にGW泊まったら、アプリでも現地でもアップグレードはなかった。
  4. Hiltonお台場に夏休み泊まったら、最初はアップグレードなしと言われたのに後から出てきた。
  5. コンラッド東京では繁忙期の無料宿泊なのにアップグレードしてくれた


 上のはすべて実話です。

 繁忙期は渋いけど、閑散期(特にリゾート)でのアップグレードは結構すごいですね。

 常に混んでる東京やお台場は常時渋いです。他のブロガーさんも言ってますね。

 コンラッド東京は高い代わりにこちらの我儘を聞いてくれます

 ゴールド会員時代、無料宿泊なのに、受付のお兄さんは気持ちよくエグゼクティブフロアへの有償アップグレードを受けてくれました。

 ちゃんと無料アップグレードで5000円上の部屋にアップグレードしてくれた上で差額計算ですよ。うーん、できる。

 さて、では次はアプリでのアップグレードとかを見ていきましょう。






2.アプリからチェックインするタイミングを間違えない

Hiltonアプリ

 まず、Hilton Honorsアプリを持っていない人はApple Storeやgoogle playからインストールしましょう。

 Hiltonを予約する上でこのアプリは必須です。なお、PCの場合はこちらですが、少し不便です。

 どういう手段でもいいので、ホテルの予約をすると下の画面が出ます。





予約完了画面

 チェックイン前日以降になると、赤枠の「Check in」ボタンでウェブチェックインできるようになります。

 逆に、だいたい前日までであれば青枠の「request upgrade」で有償アップグレードできます。

 なお、無料宿泊だと使えない場合はほとんどです。






request upgrade

 上の画面の通り、request upgradeの場合、30%引きぐらいですね。

 Check in を押して、チェックイン時間を選択すると、二通りの画面が出現します。

 (この画像はないので、後日差し替えます。)



  1. 「Awesome! Since you’re an ~~ chose another.」
    と表示されてアップグレードされた部屋が表示される。
  2. 「We’ve got you covered! Complete ~~ when you arrive.」
    と表示されて予約した部屋が表示される

 英訳は割愛しますが、1番の場合は「すでにアップグレードしといたで」って感じ。
 2番は「ホテルに来た時にアップグレードできるようにカバーしとくから、一旦チェックインしてーや」って感じのニュアンスです。

 

 2番が表示された場合、極力チェックインは止めた方がいいです。

 ホテルによっては「チェックインしたからアップグレード不可」なんていう場合もあるし、もっと後のタイミングでアップグレードされることもあります。


 問題なのは1番なのに「えー、もっと高い部屋がいいなー」って思った場合です。

 この枠、基本的に先着順みたいなんですよ。

 私も、前日朝出てたのに昼にはなくなり、ホテルでアップグレードできなかったって経験あります。

 それ以降、こういう場合は諦めて素直にそのアップグレードを受けるってことに決めてます。

 なお、友人はそれを受けないでいたら望み通りの部屋が夕方にポップしたそうです。


結論・Hiltonは時期の良し悪しと運の良さがかなり絡みますね。


ここがポイント!
  1. アップグレードされたなかった時は、無闇にチェックインしない
  2. アップグレードされた部屋が望みの部屋でない場合、upgradeを受けないとその部屋すらなくなることもある
  3. request upgradeは無料upgradeの差額が引かれていない




3.当日の有償アップグレードを無闇に受けない

 2018年ごろ、Hilton東京に泊まった時のケースです。

 事前のアップグレードはなく、ホテルに行っても「有償でしたら空きがありますがいかがでしょうか?」と言われたので、がっくりしながら拒否しました。

 そしたら、「あ、少々お待ちください」とか言われたのち、アップグレードされました。

 もう、内心「!?」と金田一少年の犯人気分ですよ。

 ちなみに、他者様のブログでもお台場とかで同じ提案されている人をみかけたことがあります。読んだ瞬間の「あるある感」半端ないです。

 そんなわけで、ホテルで「あちらから切り出されたアップグレード」は受ける必要ないでいるとなぜかアップグレードされることがあります。

 もし「差額払っても泊まりたい!」と思わなければ、引いてみるのも手です。

 それで「そうですか・・・」と言われたら、泊まりたければ「やっぱりアップグレードします」と言えばさせてくれます。

 そこは駆け引きですね。

 そういう時は恥ずかしがらず、少しワガママを言うが吉です。







ダイヤモンド会員の狙うべきホテル

コンラッドベア


  1. コンラッド東京(閑散期)
  2. コンラッド東京(繁忙期)、コンラッド大阪(通年)
  3. ヒルトン北谷・瀬底(閑散期)、ヒルトン東京ベイ
  4. ヒルトン小田原

 もちろん、赤文字が最も狙うべきホテルです。

 閑散期か繁忙期かの判断は沖縄なら単純ですが、東京だと少し見分けが難しいですね。

 東京の場合、一言で言えば「値段の安い土日」もしくは「平日」となります。

 では、順位別にホテルを見ていきましょう。





コンラッド東京(閑散期)

 まず間違いなく、ダイヤモンド会員なら最も狙うべきはコンラッド東京の閑散期です。

 コンラッドホテルは創業者のファーストネームを冠するヒルトンブランドの最上位ホテルです。

 もちろん、部屋の設備はもちろん、クラブラウンジの質も普通のヒルトンを遥かに凌駕します。

 コンラッドは東京と大阪に一件ずつ存在します。

 部屋の質は双方極上、ラウンジの質も非常に高いですが、一つだけ大きな違いがあります。

 それは、スイートの室数です。大阪は8室なのに対して、東京は68室

 文字通りに桁が違います。

 よって、ダイヤモンド会員特典の「スイートルームまでのアップグレード」が適応される可能性が高く

 なおかつ、ラウンジの質が高いコンラッド東京の閑散期が最もおすすめです。






コンラッド東京(繁忙期)・コンラッド大阪(通年)

 繁忙期になれば68室のスイートのうち、有償宿泊者がいない枠を国内外のダイヤモンド会員で奪い合う形式となるので、優先度はコンラッド大阪と同列になります。

 ただ、もしこういう状況なら私は断然コンラッド大阪をお勧めします!!

 コンラッド東京も素晴らしいですが、なんといってもコンラッド大阪の部屋、景観、ラウンジは凄まじく良いです。

 値段もそれなりに張りますが、その価値はあると私は思っています。






ヒルトン北谷・瀬底(閑散期)、ヒルトン東京ベイ

 他の記事でも書きましたけど、閑散期のヒルトンのリゾートはマジやべーですよ!(語彙不足)

 繁忙期はみんな忙しそうで、アップグレードもままならない沖縄のヒルトンも、閑散期はバッチリと島時間。

 スタッフさんはちやほやしてくれるし、部屋はいい部屋にアップグレード、オリオンビールうまい。

 と、結構最高な条件が揃います。その上、景色は綺麗だし癒されますよ。


 一方、東京ベイはなんといってもディズニーランド間近なので、特に部屋の機能とか求めませんしね。

 朝からディズニーランドで遊んで、夕方には家族でホテルに。

 ラウンジでお酒を飲み、夕飯はホテルのバイキング・・・なんてこともできます。

 ここのおすすめはセレブリオセレクトルーム(風呂洗い場付き)ですが、ここでさえも競争率はすごく高いです。

 そんなに高くないし、有償宿泊を推奨します。







ヒルトン小田原

 私の中では最近、ホテルインディゴ箱根ができてからかなり優先度が落ちたホテル。

 ヒルトンブランドでは数少ない温泉大浴場付きです!

 ここは温泉あり・閑散期のアップグレードが良い・朝ごはんもランチもうまい・ルームサービスの朝ご飯安いと4拍子揃ってます。

 その代わり、エグゼクティブラウンジであるオーシャンラウンジは微妙な出来です。

 時々スタッフさんがきて補充するだけのほとんどセルフサービス。

 ただ、他にはないラウンジの利点として、このラウンジでルームサービスを注文可能です。

 ラウンジでお酒を飲みながらルームサービスで夕飯は、控えめにいって最高ですよ!!







おまけ1・アップグレードの成功率を上げる4つの方法

  1. 閑散期、平日や金曜日に宿泊する
  2. チェックインの時間を夕方以降にする
  3. 現地でチェックアウト時間を早めることを軸に交渉
  4. チェックイン時に誕生日、記念日だと伝える

 Hiltonはビジネスライクなスタイルなので、記念日とかを伝えるのは「平日・閑散期」とかでない限り、それほど有効ではないでしょう。

 ですが、そう言うアップグレードは担当者次第なところもありますので、言っておいて損はないです。「アップグレードしてくれたら儲けもん」ぐらいのつもりでいましょう。







おまけ2・無料宿泊時のアップグレード

 あなたがダイヤモンド会員でない限り、概ね1ランクアップグレードです。

 日にちにもよりますが、まず大体の場合ではrequest upgradeが表示されません。

 つまり、選択肢は二つ。

  1. 提案されたアップグレードを受ける
  2. 現地か電話で交渉する

 の、どちらかです。

 Hiltonは全ホテル共通で、「部屋空いていてホテル側が許可すれば差額マイナスαでアップグレードできる」仕組みです。
 まあ、「満室」と言われたらそこまでなので、察しましょう。

 交渉するとしたら、何と言っても現地です。

 無料宿泊を使うとすれば繁忙期ですし、電話で交渉しようとしても、大抵逃げられて終わります。現地で交渉すれば、相手も「当日のリアルな空室数」がわかってるので、本腰入れて聞いてくれますよ。

 ただし大晦日だけは除外です。







最後に(2021年3月)

 かなり古い記事でしたので、一度加筆修正いたしました。

 私はヒルトンを離れて1年ほどですが、単純に家の近くにないから離れているだけで、ヒルトンを嫌いと思ったことはないです。

 ヒルトンも、コンラッドも、とても素晴らしいホテルの数々が国内には存在します。

 あなたの旅路がこの記事で少しでも好転できればと思っています。







他のヒルトンの記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました