グランドハイアット東京宿泊記 クラブラウンジとグランドエグゼクティブスイートキング

グランドハイアット東京宿泊記 クラブラウンジとグランドエグゼクティブスイートキング

【この記事の対象者】
・グランドハイアット東京に泊まりたい、興味がある
・グランドハイアット東京のクラブラウンジに興味がある
・ハイアットの「Upgrade by point」を知りたい
・単純に暇


 今回は、ハイアット修行最終泊ということもあり、思い切ってグランドハイアット東京に泊まりました。

 私の彼女がコロナ禍になってから全く東京に出たがらなかったので半分諦めてましたが、去年見たKAT-TUNのテレビでここのホテルが紹介されていたためか興味があり、なんとか了承を得ることができたからです。

 グランドハイアット東京は六本木ヒルズの真横・・・?? 中? 直結?? くらいの立ち位置にある5つ星の高級ホテルです。

 普段IHGユーザーの私たちにはあまり縁がないレベルのラグジュアリーな滞在となりました。

 今回は面白いプランを使っての滞在でしたので、今日がある人はぜひご覧ください。





Upgrade by point で予約

 まず、今回の滞在はこちらの「Lp suite pts upgr」で予約しました。

 詳しくはこちらで解説してましたが、一言で言うと一番安い部屋の通常料金+6000ポイントでスイートルームに泊まれる」っていうレートです。

 なお、予約方法は原則、電話かコンシェルジュですよ。

 このレートが空いているかはどうかは、







予約画面

 ハイアットの予約画面でポイント枠を見た時、スタンダードスイート、プレミアスイートのポイント枠が空いてるかで判断可能です。

 つまり、この日程のパークハイアット東京は、

通常料金+6000pでパークスイートへのアップグレード
通常料金+9000pでガバナーズスイートへのアップグレード

 が狙えるということです。

 特にガバナーズはやばいですね・・・お値段30万円超えですし。

 閑話休題。そんなわけで、2月末に私は、







2月末のレート

 こんな感じの少しえぐいレートでお泊まりしてきました。

 Go toトラベルなんて目じゃないレベルのレートですね・・・

 そんなわけで、前日にハイアットリージェンシー横浜に泊まった後、東横線に揺られて、1年ぶりくらいに六本木に降り立ちました。









駅からグランドハイアット東京へ

 最寄りは「日比谷線」の六本木駅です。

 着いたら1c出口「六本木ヒルズ」方面に向かいます。







エレベーターの上

 エレベーターを登って陸橋の上に出ると、こんな看板が。

 ハイアットって書いてある方に道なりに進みます。








謎のひまわり

 2021年2月時点では、ヒルズの前に謎のひまわり像がありました。

 有名な芸術家さんの作品だそうで、グランドハイアット東京も色々コラボしてましたよ。

 そんな像をわき目に見ながら、ショッピングモールに入ります。

 入るとすぐにインフォメーションがあったのでお姉さんにホテルの場所を聞くと、「すぐ後ろに看板あるよ」と言われました。







六本木ヒルズ側、ホテルの看板

 狭い通りの壁に、しれっとこんな案内が。

 シンプルでかっこいいですね。







ホテルへの入り口

入り口

 通路を歩き、階段を降りるとホテルへの入り口があり、そこを潜ると・・・入り口? 駐車場?と思わしき場所に出ました。

 ここに出て一番近い扉に入ると、結婚式場やレストランなどのエリアになるので要注意です。

 最初の扉をスルーして、奥の扉に入るとフロントに着きますよ。

 ちょうどチェックイン時間ということもありラウンジがそこそこ混んでるそうなので、フロントでチェックイン。

 コロナ禍ですので案内は断り、ラウンジにはよらず部屋に向かいます。











グランドエグゼクティブスイートキング レビュー

間取り図
公式サイトより

 この部屋タイプは11階、12階といった低層と、18〜19階という高層階にあるそうです。

 私たちは高層階をリクエストしましたが、一見さんということもあってか11階でのアサインでした・・・まあ、まだグローバリストじゃなかったし、仕方ない。




リビング

入り口

 扉部分が少し途切れてしまいましたが、入り口はこんな感じです。広い!

 入り口には立派なワークデスクがあり、お仕事をする人にもばっちりの環境になってました。

 また、ビジホとかによくあるカードキーを入れると電気のつくやつが入り口にありました。

 この値段のホテルで見たことがなかったので、少しびっくり。








スイートルームのアメニティ

 スイートルームのアメニティ、お高そうなワインとお水です。

 うちの人が下戸なので、お酒は半分以上残してしまいました・・・もったいない、空けずに持って帰れば良かったです。








冷蔵庫

 ワークデスクの後ろにあったミニバー。

 これだけお酒が色々充実したところは初めて見ました・・・そして、すごく高いやつもある!

 あと、二人仲良く取り忘れてましたが入り口にはクローゼットもありました。








リビング1

リビング2

ソファー

 リビングルームはでかいL字型のソファー、音響機器、テレビ、ブルーレイディスクなどもありました。

 このソファー、pier8の例のアレには負けますが、中々座り心地がいいです。

 私は早起きなので起きたらこっちにいましたが、凄く快適でしたよ。





お菓子のアメニティ

 ソファーには自由に食べていいお菓子もありました。

 ついついパクパク食べてしまい、結構お腹が膨れた思い出・・・

 この部屋に泊まると太るから、注意しましょうね。








音響1

音響機器2

 このお部屋の音響機器、上がワークデスクの側、したは部屋の隅にあります。

 上はipadに色々洋楽が入ってました。下は、CDに癒しのミュージックが入っていて、ついつい流し続けてしまいました・・・

 古い機械ではありますが、やっぱり音楽があると癒され度が違いますね・・・







フリーフルーツ

 エクスプローリストでしたが、スイートだからかフリーフルーツが・・・

 どれもみずみずしくて美味しく、昔、インタコでもらえたフリーフルーツとは明らかに質が違いました。

 この机で朝昼晩と食べました。

 あまり大きくないけど、結構使いやすかったです。





夜のテーブル

 夜のテーブル。

 こんな感じで音楽を聴きながら、のんびりとご飯を食べれます。

 カーテンはスイッチひとつで開け閉めできて楽ちんですよ。






朝のお部屋

朝のお部屋

 朝のお部屋はこんな感じです。

 なんと、遥か遠くには富士山も見えました!

 本当にすごいホテルです・・・








ベッドルーム、お風呂

ベッドルーム1

テレビ

クローゼット

 この部屋は「リビング=ベッドルーム+ウェットエリア」といった感じの比率になってます。

 ベッドルームはリビングルームほどの広さはありませんが、それでも二人なら十分広いです。

 こちらのクローゼットは入り口のものよりでかいですし、金庫とかもこっちにありました。







パジャマ

 クローゼット内にあったパジャマ。

 なお、これは事前に「パジャマいります!」って言っとかないと部屋にはないですよ。

 着心地よかったです。





スリッパ

 お部屋のスリッパ。見かけは豪華だけど、作りが少し微妙。

 同じスイートのスリッパなら、横浜のやつのが好みでした。








スピーカー

 枕元にちゃっかり置いてあるjBL。

 これは「防水」ではなく「防滴」ですからね。

 具体的には、「シャワー直撃とか浸水はやばいけど、湿気の多い浴室内でも使えるやつ」って感じです。







洗面台

 洗面台とテレビ、鏡。扉はリビングルームへ。

 色々なブログで小さいと書いてありましたが、確かに小さかった・・・






バスルーム

 バスルーム。結構快適でしたけど、横浜には敵わず。

 まあ、ホテルが古いから仕方ないですけど・・・逆にあの時代にこの浴室はすごいですね。

 お湯もちゃんと熱くなりすぎないし、快適でした。






おトイレ

 おトイレ。近づくと開きます。

 ここに電話があるのは、閉じ込められることがあるのか・・・はたまたお風呂で何かあった時のためなのか・・・



 こんな感じの部屋で、エクスプローリストなので翌日の14時までまったりしたり、テレビ見たり。

 ブルーレイプレイヤーがあったので、彼女が持ってきたKAT-TUNがこのホテルを紹介している番組を見たり。

 ルームサービスを食べたり、富士山見たりしていたら、あっという間に時間がきました。







グランドクラブラウンジ

クラブラウンジ

 10階にあるグランドクラブラウンジ。階段がないのが少し残念。

 それなら11階でも利点あったのに・・・

 閑話休題。

 最初は利用しないつもりでしたが、早い時間に行ったら思いのほか混雑してなかったので利用することに。




ラウンジ1

ラウンジ2

ラウンジ3

 写真は翌日、チェックアウト前に忘れ物を取りに戻った彼女を待っているときに撮りました。

 写真の場所だけでなく、奥になが細ーく展開していて結構広いです。

 テラス席もありますし、インタコ東京とまでは行きませんが、かなりでかいですね・・・

 ハイアットさんはインタコと違ってガチのティータイムサービスは無し。

 その代わり、バータイムに力を入れているスタイルですよ。






メニュー

 その日のメニュー。

 見た瞬間、pier8クラスのものが出てくることを確信。

 夕食を控えている我々に衝撃が走る。





バータイム

デザート

 一品一品が凄く美味しい上に、メインのミートボールもあってボリュームばっちり。

 味もpier8より彼女好みでグッド。

 しかも、デザートまでついてくる完璧っぷり・・・

 これもはや夕飯では?(名推理)

 これをガッツリ食べて、ハイポール二杯と、おすすめされたシャンパンを飲んだためか、夕飯はなんだかんだ9時くらいにならないと食べれませんでした。






最後に

 実は、何気にグランドハイアット東京に仕事以外で来るのは二回目です。

 六本木は展覧会を見によく来ますが、これはいいホテルを見つけた、って思いました。

 ホテルのハードは開業から10年以上経っていてもなお、最前線で戦えるレベル。ソフト面も素晴らしかったです。

 特にクラブラウンジはご飯もお酒も美味しくて最高でした。

 ただ、これからグローバリストで混むホテル筆頭だと思いました。

 あのバータイムなら夕飯要りませんしね・・・

 是非、コロナが収まった後。展覧会の帰りに泊まりたいホテルです。

 その時グローバリストでなくても、あのスイートが素晴らしかったのでまた来たいですね。

 来週は、こっそりと完了していたパークハイアット東京の宿泊記をあげます。

 また違う記事でもお会いできたら嬉しいです。