最大35%OFF!! Go to Travel によるIHGホテルの予約方法【第2版】

  • 2020.08.21
  • IHG
最大35%OFF!! Go to Travel によるIHGホテルの予約方法【第2版】

【 この記事の対象者 】
・IHG, MarriottでのGo to キャンペーンの予約方法を知りたい
・公式サイトからの予約で会員特典を受けたい
・STAYNAVIの登録方法、クーポン発行方法を知りたい

※ホテルがGo to travelに登録していれば、他のホテルでも同じ方法で予約できます。




Go to travel 概要


期間 :2020年7月22日 〜 2021年1月31日
  (修学旅行は3月15日まで。宿泊日ベース)

割引額:宿泊料金から最大35%引き
    (上限は一人当たり14000円/泊)

特典 :地域振興券が現地でもらえる
    (宿泊費の15%分)

除外 :東京都民、または東京のホテルの宿泊

 この記事を読んでいる人はみなさんはある程度ご存知と思いますので、簡易的な説明だけに留めます。

 対象期間は来月の1月末まで。

 政府は除外日を設けてませんが、ホテル独自ルールで除外日を設けている場合は割引できません

 ただ、東京に住んでいる人や、東京都内のホテルに泊まる場合は割引適応対象外です。

 東京都のホテルは都民割引や限定プランを多く展開してますので、そちらをお勧めします。

 実際すごいですよ。オークラとかストリングス。


 最も重要な点ですが、割引額は宿泊費から35%引き

 割引上限は一人当たり¥14,000円/一泊です。

 一人だと¥40,000二人で泊まると¥80,000で上限に届きます


 さらに、9月以降は近くのお店で使える「地域振興券」がもらえます。

 これに関してはホテル側でも情報が出揃っていないみたいなので、実際に泊まった時の記事で更新します。






IHGホテル予約時の注意3点

  1. ホテル公式サイトか公式アプリから予約すべし。
    ホテル公式の方がベターです。
  2. 電話での予約はIHG側からのみ可。
    キャンペーン概要はどこの窓口も詳しく知りませんよ
  3. 宿泊日はクーポンと身分証を忘れずに。

 まず、Go to travel キャンペーンはIHG側ではなく、各ホテルが登録して行なっているサービスです。

 IHGの公式サイト、アプリからではなく、IHGANA系列のホテル公式サイトからの予約をお勧めします。

 IHG側だと予約できないけど、ホテル公式だとできるってパターンがありますよ。

 私はIHG、ホテル側双方に電話しましたが、両方ともまだよくわかっていない感じの印象でした。

 また、IHGはプランが空いてれば電話で予約できますが、ホテルはベストフレックス料金しか受け付けないので予約できないです。

 選択肢としては、

・朝食付きのIHGプランでいいや → IHGアプリ、サイト
・他のプランで予約したい → ホテル公式サイト
・IHGでプランが見当たらない → ホテル公式サイト

 って感じになります。

 どちらでも会員特典は受けられるし、ポイントもつきますので、最初からホテル公式サイトでいいかと思います。

 こちらの記事でも紹介しましたが、色々なホテルでご当地プランをおこなってますよ。

 go to キャンペーン適応できることも多いので、しっかり活用しましょう。





予約の手順

 予約の手順は各ホテルの公式サイトにも書いてありますが、

  1. ホテル公式サイトかアプリからホテルを予約
  2. STAYNAVI に会員登録
  3. STAYNAVI でクーポン発行
  4. 宿泊(身分証、クーポンを忘れずに!!)

 という手順になります。

 宿泊日当日に「予約確認番号」「クーポン」「身分証」がないと割引適応されない可能性がありますので注意してください。

 クーポンはスマホでクーポン画面をスクショしておくと楽ですね。

 では、各項目を細かく解説していきます。





IHGかホテル公式サイトから予約

 IHGの場合はIHG reward club、ホテル公式サイトはIHGANAの会員登録が必要になります。

 IHGANA経由でもIHGと連携すれば会員特典を受けることができます。




IHG予約画面

 IHG経由の場合、アプリかサイトから「JAPAN GO TO」というプランを予約します。

 こちらはベストフレックスと同じキャンセル規定の割引料金で、朝食付き



割引・公式プラン

 ただ、9月27日現在ではすでにこのプランがないので、極力公式サイトで「Go to トラベル対象」と書かれたプランを予約したほうがいいですよ。

 Go to キャンペーン適応でこちらの料金から最大35%引きとなります。

 公式サイト経由だとアプリで変更・キャンセルできないので面倒臭いですが、こちらで予約すればまず間違い無いかと思われます。

 他のプランでできるかはIHGの予約センター、カスタマーサービス共に「不明」という回答をいただいておりますので、もし予約するなら人柱になる覚悟でお望みください。



 方法はさておき、予約が終わったら次のステップ。

 STAYNAVIに登録し、クーポンを発行しましょう。





STAYNAVI

新規登録

 まだSTAYNAVIを登録していない人は、会員登録をしましょう。

 初めての方はこちらから会員登録できますよ。




仮登録

 まずはメールアドレスを入れて、仮登録を行います。

 数分以内にメールが届くと思うので、そうしたらURLをクリックして本登録画面で登録しましょう。





本登録

 本登録の画面はこれだけです。

 よくある会員サイトと違い、登録する項目はIDとパスワードだけですので、ささっと登録できます。楽ですね。





マイページ

 マイページができました。

 中央か左の「クーポン券発行」からクーポン登録できます。





クーポン発行

クーポン登録1

クーポン登録2

 ここでガッツリと入力します。(白目)

 予約番号、旅程、予約総額、予約日などが必要なので、必ず予約時のメールかアプリの予約確認画面を見ながら記入しましょう。

 予約した日がなんでいるか知りませんが、必ず予約確認メールはクーポン発行まで残しておきましょうね。

 少し手間ですが、焦らず騒がず記入します。





クーポン

 流石に消しちゃいましたが、個人情報とクーポンコードのある画面がマイページにできます

 チェックインの時はこの画面を見せるので、スクショとっておくと便利ですね。

 割引後の料金もここで表示されますよ!

 しっかりと割引されてますね、よきかな、よきかな。





メール

 また、こういうメールも届きます。

 再三にわたって「予約当日は身分証持ってきてね!」と注意されます。

 気をつけます。






追記

 実際に使用してきましたが、いつものホテルで利用した時は「クーポン番号と割引後の金額」だけ求められました。

 PDF化してスマホで持ち歩けば楽ですね。

 確認もそれをさらっとするだけの簡単なものです。

 ただ、隣の一般列では身分証の提示を求められたおじさんとかもいたので、持って行ったほうがいいとは思いますよ。

 10月1日からは地域振興券も出てくるので、よりお得度が増しますね。

 そちらの情報も今後更新していく予定です。




最後に

 IHGでGo to travel 予約するとき、色々わからないところもあったのでまとめてみました。

 自由度が高いホテル公式サイトからの予約をお勧めします。

 STAYNAVIは一度登録すれば使えるので、暇な時に登録しておきましょう。

 いつサービスが終わるかわからないので、クーポン早めに発行したほうがいいと思いますよ。

 では、違う記事でもお会いできたら嬉しいです。